カテゴリー「本・雑誌」の記事

2016年12月12日 (月)

役に立つ

テスト
昨日、名前がわからなくて忘れていた花について、タケニグサという名前であることを調べるきっかけになった本がこちらです。
平成18年発行ですし、掲載されている花の種類は少ないほうかもしれませんが、ポイントがわかりやすい文庫本サイズの本だと思います。
この本に確実にわからなくても、科がわかったり、ヒントに行きつく場合があるので、手軽に持ち歩けるこの本は今後も役に立ちそうです。
 
明日、新たな作業が入る旨の連絡がありました。
たぶん夕方か夜中でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

やっと

やっと
近くの本屋さんでやっと見つけました。
表紙もなかなかインパクトがありますが、中身は予想以上でした。
疲れてるときとかモヤモヤしてるときなどにみると、心が軽くなるかも。

それにしても、今朝このあたりは大雨でした。
時折、雷のものすごい音が鳴り、最初のひとつはどこかに落ちたのではないかと思うほどでした。
その後は徐々に雷の音は遠くなり、昼過ぎになってやっと雨もあがったようです。
こんな雨の日に、花粉症の症状がひどくなることが多い気がします。
雨降りだから花粉なんて飛んでないと思うのですが、私の場合はなぜか症状が出ます。
結局、今日は朝から花粉症の市販薬を飲みました。
明日は晴れるようですが、薬は必要だろうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

絶賛…

絶賛…
新しい出会い の末、ただいま絶賛辞書引き中です。
といっても、ネット検索でも概ねOKですし、ある程度はこれまでの蓄積があるので、それほど活躍する訳ではありません。
でも、時には頼りになるんです。
さて、今夜もキリのいいところまで進めておきましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

シュナの旅

シュナの旅
日テレ系で今夜OAされている「ゲド戦記」の原案になったのが、これです。
原案とはいってもストーリーは全然違っていて、いくつかのエッセンスが入っている、といった感じでしょうか。
いくつかの場面やシチュエーションの一部が使われている、というほうが正しいかも。
「ゲド戦記」は劇場で見ましたし、すでにテレビでOAされたものも一度見た記憶があります。
ちなみに、この「シュナの旅」も元になった物語があるそうです。
この本は、何度も何度も繰り返し読みました。
また読みたくなって、本棚の奥から引っ張り出してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

掲載されました〜♪

掲載されました〜♪
掲載されました〜♪
応募要項をきちんと守っていれば掲載されるよ、とは聞いていましたが、本当に掲載されていました。
実家のクロです、と制限文字数の範囲で書き添えていたのですが、活字はさらにコンパクトになっていました。
実家にも送らなければ…。

近日中に、掲載されたクロの元画像をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

ぬいぐるみを檻に入れられて

ぬいぐるみを檻に入れられて
1985年にアメリカで発行され、アメリカとカナダでベストセラーになった後、1989年に日本語に翻訳されて発行された本です。
著者は、ジェニングズ・マイケル・バーチ氏で、本人が実際に体験したことの記録が一冊の本となっています。
かなり以前に買った本なのですが、どうしてこの本を買ったのか記憶が定かではありません。
ですが、一気に最後まで読み切った記憶だけが残っています。
知人に貸した後に戻ってこなかったため、何年も経ってから買い直したものです。
今はまとまった時間がなかなかとれないので、気持ちはあっても読み直すことはできないのですが、またゆっくり読もうと思います。
そして、この本のことを追々書いてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)