« 花マクロ・2017 [37] ムラサキケマン | トップページ | 花マクロ・2017 [39] タツナミソウ »

2017年5月29日 (月)

花マクロ・2017 [38] ジロボウエンゴサク

花マクロ・2017 [38] ジロボウエンゴサク
 
花マクロ・2017 [38] ジロボウエンゴサク
 
花マクロ・2017 [38] ジロボウエンゴサク
 
花マクロ・2017 [38] ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)のマクロ撮影です(マクロは上3枚で、3枚目が×20です)。
4月13日撮影です。
昨日アップしたムラサキケマンはあちこちに咲いていたのですが、今年は今まで出会ったことのなかった場所でも出会いました。
そのすぐそばでこのジロボウエンゴサクに出会いました(いずれもケシ科キケマン属なので、どちらがどちらかぱっと見は見分けがつきづらいです。ちなみに、属の元になっているキケマンはこちらで、2012年以降は出会えていません)。
今まで出会っていた場所では出会えなくなっていたので、ちょっとお久しぶり感があります。
 
“花マクロ・2015”のジロボウエンゴサクはこちら
“花あるき・2011”のジロボウエンゴサクはこちら
 
先日苗の植え付けをしたサツマイモですが、案の定葉っぱはほぼ枯れてしまっていました。
水やりを怠ったのもあるし、黒いビニール袋でマルチもどきをしているため、ここのところの気温上昇で温度が上がりすぎてしまい、直接触れてしまった葉っぱは枯れてしまうということに……。
茎は何とか生きているようだし、少し根元を掘ってみると根が出始めているのが確認できたので、改めて根が出るはずの茎の部分を土の中にしっかり埋め直し、当面朝夕の水やりを続けることにしました。
元来サツマイモは強い植物ですが、茎がダメになってしまってはどうしようもないし、ベニアズマの苗は明日が今年最終の入荷日(バラで購入できる近場のホームセンターの場合)なので、もし回復しなければ今年のサツマイモは諦めざるを得ません。

|

« 花マクロ・2017 [37] ムラサキケマン | トップページ | 花マクロ・2017 [39] タツナミソウ »

」カテゴリの記事

花マクロ・2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花マクロ・2017 [38] ジロボウエンゴサク:

« 花マクロ・2017 [37] ムラサキケマン | トップページ | 花マクロ・2017 [39] タツナミソウ »