« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

花あるき・2011 [73] ヒメキンセンカ

花あるき・2011 [73] ヒメキンセンカ
ヒメキンセンカ(ヒメキンセンカ(姫金盞花)です。
ヨーロッパ原産の園芸種の花ですが、庭から溢れ出して野生化したものも見られるようになったとか。
別名は、フユシラズ(冬知らず)、ホンキンセンカ(本金盞花)などがあります。

“道端の花たち”のヒメキンセンカはこちら

明日は雨降りとの予報ですが、すでに雨は降り始めています。
買い物にも行きたかったけれど、午後からなら大丈夫でしょうか。
5月のスキャン&加工は前倒しで始まっていて、今のところ時間はかかっていますが順調です。
一昨日ほぼ徹夜状態でしたが、もう徹夜はしなくて大丈夫そうです。
ああ、もう明日から5月なんですね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

花あるき・2011 [72] ヒメフウロ

花あるき・2011 [72] ヒメフウロ
ヒメフウロ(姫風露)です。
アメリカフウロがあちこちで見られるようになり、そろそろかな、と思っていたら、昨年見つけた場所に今年も咲いていました。
他の場所では見たことがないので、開花のタイミングを逃すと翌年まで見ることが出来ません。
たぶん、近くの庭から溢れ出した園芸種ではないかと思います。

“道端の花たち”のヒメフウロはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

花あるき・2011 [71] コメツブツメクサ

花あるき・2011 [71] コメツブツメクサ

花あるき・2011 [71] コメツブツメクサ
コメツブツメクサ(米粒詰草)です。
名前の通り、シロツメクサの仲間ですが、シロツメクサに比べると小さな花です。
別名は、キバナツメクサ(黄花詰草)、コゴメツメクサ(小米詰草)などがあります。
ヨーロッパ、西アジア原産の帰化植物だそうです。

“道端の花たち”のコメツブツメクサはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

花あるき・2011 [70] モモイロシロツメクサ

花あるき・2011 [70] モモイロシロツメクサ
モモイロシロツメクサ(桃色白詰草)です。
シロツメクサのピンクがかったものかと思っていたら、こういう品種なのだとか。
ムラサキツメクサ(アカツメクサとも言いますね)とは別物です。
また、色々調べてみると、全体的にもっときれいなピンク色のものもあるそうなので、この画像はシロツメクサの個体差かな、とも言えなくもなく……。
とりあえず、このままとしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [69] シロツメクサ

花あるき・2011 [69] シロツメクサ

花あるき・2011 [69] シロツメクサ
シロツメクサ(白詰草)です。
名前の通り白い花ですが、ピンク色がかった花を見かけることがあります。

“道端の花たち”のシロツメクサはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.27】

2011042701
今日は、天気予報では弱雨とのことでしたが、朝から晴れたり降ったり曇ったり、そして、夕方前には、土砂降りの雨が降ったり雷が鳴ったりと、本当に落ち着かない天気でした。
それで、雨が降っていないタイミングで菜園の手入れを取り急ぎ行いました。
まずは、ほうれん草の収穫です。
これでみんな収穫を終えたので、土を軽く耕しておきました。

2011042702 2011042703

2011042704 2011042705

そら豆は、追加で蒔いたものの成長差が多少出てきていますが、それぞれずいぶん大きくなっています【左上】。
先に蒔いたものはこんなに大きく成長していて、花もきれいです【右上。右下は花のアップ】。
追加分の一番成長しているものはこんな大きさです【左下】。

2011042706 2011042707

絹さやえんどうも成長差がかなりありましたが、みんな蕾がつき、花が咲いています。
突風に負けそうになりながらも、この支柱や紐の中で何とか耐えているようです。

2011042708 2011042709

昨年の12月に蒔いたほうれん草の収穫を終えたばかりですが、新たに別の場所へほうれん草の種を蒔きました【左】。
昨年の第1シーズンでは発芽したところみんなネキリムシに食べられてしまったので、今回は種蒔きしたばかりの土の上に卵の殻を撒いています。
風で飛んでいくかもしれませんが、発芽したものをすぐに食べられてしまうのは残念だし、昨年使ったいくつかのネキリムシ対策は手間ばかりがかかるので、とりあえず卵の殻で様子を見ることにしました。
また、その続きに枝豆の種を蒔きました【右】。
昨年の枝豆はネキリムシなどの虫害はなかったので、こちらには卵の殻は撒いていません。
枝豆で心配なのは、虫害よりも病気です。

2011042710 2011042711

数日前に買っておいたピーマンの苗も植えました。
昨年は“京みどり”という細長い実のなる品種でしたが、今回は極早生の“中獅子”です。
横張りで長めの中肉……ということですが、まあ中肉中背といった感じでしょうか。
あまり早い収穫になるようなら、また追加で別の品種も……と思っています。
 
とにかく、昨年の第1シーズンのような手間がかかる野菜は極力避け、ウリハムシやネキリムシ対策などのように手間がかかる場面がありそうでもできるだけ薬を使わず、また手間が最小限になるように昨年の経験を基に何とかやっていこうと思っています。
ほうれん草の収穫後の場所や一番奥が空いているので、ゴールデンウイークが終わったらまたホームセンターで苗や種を見に行く予定です。
 
 
◎これまでの様子はこちら↓
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:耕す、元肥入れ
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】:大根・絹さやえんどう・ほうれん草・水菜の種蒔き 
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.17】:そら豆の種蒔き
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.06】:ほうれん草・水菜・大根の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.23】:絹さやえんどうの発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.04】:空豆の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.11】:ほうれん草・水菜・大根・絹さやえんどう・そら豆の本葉
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.25】:全体の追肥、絹さやえんどう・大根の間引き、そら豆の種蒔き(追加)
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.03.18】:大根・ほうれん草の間引き・土寄せ、絹さやえんどうの支柱立て、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.03】:全体の追肥、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.10】:大根・水菜の開花
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.18】:そら豆の開花、ほうれん草の収穫
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.20】:絹さやえんどうの開花、そら豆の土寄せ、土を耕す・肥料入れ
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

花あるき・2011 [68] アジュガ

花あるき・2011 [68] アジュガ

花あるき・2011 [68] アジュガ
立ち上がったキランソウ(金瘡小草、金襴草)かと思いきや、これはアジュガだと思います。
別名は、セイヨウキランソウ(西洋金瘡小草、西洋金襴草)、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)などがあります。
もともと輸入された園芸用の花で、それが庭から溢れて野生化しているものがあるのだとか。
 
それにしても、こんな光景を見ると、何だか気持ちがいいですね。
散策のルートを変えると、新たな発見もありますし、同じルートでも逆行すると見えるものが違ってきます。
さて、今度は立ち上がったキランソウを探しに行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [67] ニワゼキショウ

花あるき・2011 [67] ニワゼキショウ

花あるき・2011 [67] ニワゼキショウ
ニワゼキショウ(庭石菖)です。
花の色は、白地に濃紫、白、赤紫などがありますが、どの色の花も中心部は黄色だとか。
決して大きな花ではないけれど、何だか凛としたものを感じます。

“道端の花たち”のニワゼキショウはこちらこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から

Shima3
今日は、昨日ほどの突風はほとんど吹かず、比較的穏やかな一日でした。
昨日はそんな不安定な天候にもかかわらず、ベランダの掃除とプランターの整理をしました。
ゴミはほとんどどこかに飛んでいったようにも思いますが、プランターの土をほぐしたり肥料を入れることができたので、5月に入ったら野菜などの種や苗を手に入れようと思っています。
その前に、明日の昼過ぎから5月分のスキャン&加工が始まります。
今回は前倒しとなったため余裕はありますが、さすがに菜園やプランターの様子を見る時間はなかなかとれないでしょう。
ま、頑張ろう!
 
シマさんのいる路地。
突風はこんな路地も通り抜けるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

花あるき・2011 [66] ハハコグサ

花あるき・2011 [66] ハハコグサ
ハハコグサ(母子草)です。
春の七草のゴギョウ(または、オギョウ、御形)のことです。
元々はホオコグサ(這子草)という名前であったのが、訛ってハハコグサになったとか。
母子にまつわる由来がある訳ではなかったのですね。
では、チチコグサ(父子草)の立場は……。

“道端の花たち”のハハコグサはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [65] ムスカリ

花あるき・2011 [65] ムスカリ
ムスカリです。
近くの庭から溢れ出したもののようです。
明らかに園芸種ですが、最近は、野生化したものが他の雑草に紛れて咲いていることもあるとか。
私は、まだ野生化したムスカリを見たことはありません。
別名は、ブドウヒアシンス、グレープヒアシンスなどがあるそうです。
何となく納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゃおん

2011042501
今日は、晴れているものの、時折強い風が吹くような天候でした。
買い物に行く前にちょっと周辺を自転車で散策していたところ、突然「にゃおん」と大きな鳴き声が聞こえてきました。
あたりを見回すと、こんな子に遭遇しました。
ずっと「にゃおん」と大声を上げていて、閉め出しをくらったか、誰かを探しているのではないかといった感じでした。
「にゃおん?」と何度か声をかけると、私に気づいたようで、鳴くのをやめました。
そして、のぼりかけていた階段に座り、少しだけ安心したような表情に見えました。
立派な水色の鈴をつけています。
ひげのカーブがちょっと面白い。
また会えるかわからないけれど、「またね!」といってその場を離れました。
もう家の中に入れてもらえただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

花あるき・2011 [64] トキワハゼ

花あるき・2011 [64] トキワハゼ

花あるき・2011 [64] トキワハゼ
トキワハゼ(常葉黄櫨)だと思います。
ムラサキサギゴケとそっくりですが、葉っぱや茎の様子など違います。
 
いつも思うのですが、やはり何事も“思い込み”は極力なくさないとダメですね。
本質を見逃すというか……。
このトキワハゼは、ムラサキサギゴケの撮影場所の近くで見つけたのですが、その数日前に通りがかった時にはムラサキサギゴケだと思い込んで撮影していませんでした。
他に思い込みで撮影しそびれていたかもしれない花を探しに行った時、改めてこの花を見直し、撮影したという次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間もなく

Usumi1
今週が終われば5月になってしまうんですね。
週末からはいわゆるゴールデンウイークに突入です。
5月のスキャン&加工は、ゴールデンウイークの関係かどうか定かではありませんが今週の水曜あたりからに前倒しのようです。
しかも、納期はいつもとほぼ同じらしいので、徹夜する必要がなさそうです。
絶賛スキャン&加工中になるのは間違いないですが…。
ただ……、ま、いっか。
 
画像は、広島時代のウスミです。
シロチョマロトモがいた自動車修理工場の敷地内です。
私と目が合ってしまい、固まっています。
背中の毛も心なしか立ってますね。
しかし、なぜウスミと名付けたのだろう?
色が薄めだから、だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

花あるき・2011 [63] ミミナグサ

花あるき・2011 [63] ミミナグサ

花あるき・2011 [63] ミミナグサ
ミミナグサ(耳菜草)です。
オランダミミナグサはヨーロッパ原産の帰化植物ですが、このミミナグサは在来種です。
オランダミミナグサの勢力が強く、ミミナグサは地域によってはほとんど見られなくなったとか。
私もこの花を見た時には、オランダミミナグサだと思っていて、スルーするところでした。
しかし、茎の色が違うし、何だか全体のイメージが少し違うような気がして、念のために一応撮影したのでした。
帰ってから色々調べてみて、これがオランダミミナグサじゃなくて在来種のミミナグサであることがわかりました。
この場所以外では見ていないと思うのですが、案外オランダミミナグサだと思って見落としているだけなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [62] マツバウンラン

花あるき・2011 [62] マツバウンラン

花あるき・2011 [62] マツバウンラン
マツバウンラン(松葉海蘭)です。
花だけ見ると、ツタバウンランにそっくりです。
でも、全体像は全然違いますね。
同じゴマノハグサ科ですが、ツタバウンランはキンバラリア属、マツバウンランはウンラン属です。
北アメリカ原産で、戦後日本に入ってきた、比較的新しい帰化植物だとか。

“道端の花たち”のマツバウンランはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もういいのでしょうか?

Ban534
午前中は、昨日から降り続いていた雨が激しくなることもありましたが、お昼前にはそんな雨もあがってしまい、思いの外晴れました。
西のほうへ出かけたのですが、荒れ気味の太平洋は、空が晴れてくるにつれて鮮やかな海の色に変わっていきました。
ふと気づくと、花粉症の市販薬を飲み忘れていました。
しかし、症状は全く出ない。
強い風にもあたりましたが、本当に全く!
まだ油断は出来ませんが、もしかしたらそろそろ市販薬は不要なのかもしれません。
 
画像のバンは、笑顔で寝てます。
ええ、笑顔です。
暖かい日差しを浴びて、気持ちよさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

花あるき・2011 [61] ツタバウンラン

花あるき・2011 [61] ツタバウンラン
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)です。
別名は、ツタガラクサ(蔦唐草)、ウンランカズラ(海蘭葛)、キンバラリア、コロセウムアイビーなどがあります。
ヨーロッパ原産の帰化植物です。
ムラサキサギゴケにも似ていますが、葉っぱや蔓、生息場所などが違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [60] ムラサキサギゴケ

花あるき・2011 [60] ムラサキサギゴケ

花あるき・2011 [60] ムラサキサギゴケ
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)です。
よく似た花にトキワハゼ(常葉黄櫨)がありますが、花の大きさや地面を這っている様子などから、たぶんムラサキサギゴケで大丈夫でしょう。
他に、カキドオシにも似ていますが、カキドオシはシソ科、ムラサキサギゴケはゴマノハグサ科(トキワハゼもゴマノハグサ科です)で、見た目のイメージも違います。

“道端の花たち”のムラサキサギゴケはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風薫る

2011042201
今日は、朝からどんよりした空模様で、午前中少し雨が降りましたが、その後は比較的安定していました。
夕方からまた雨が降り出したようで、明日の午前中くらいまで引きずりそうです。
そんな中、久々に美容院に行ってきました。
8ヶ月振りでしょうか。
自転車でさっさと行ってくるつもりだったのですが、出かける前になって落ちてきた雨に躊躇し、結局傘をさして徒歩で美容院まで行くことに。
来週にしようかとも思ったのですが、せっかく予約の電話もしたことだし、今は忙しい時期でもないので、まあいいか、と徒歩で行ってきました。
軽くなった頭で、そのままスーパーに行き、必要なものを少しだけ買ってのんびり帰ってきました。
帰る頃には雨はほとんどあがっていましたので、お気楽な感じで。
 
そして、画像は昨年ご紹介した近所の 笑顔さん です。
ちょうど風の薫りを味わっているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

花あるき・2011 [59] ツボスミレ

花あるき・2011 [59] ツボスミレ

花あるき・2011 [59] ツボスミレ

花あるき・2011 [59] ツボスミレ
たぶん、ツボスミレ(坪菫)ではないかと思います。
やや小さめの花を咲かせる白いスミレで、紫の線が入っています。
ここは日当たりがよい場所ですが、地面は湧き水のおかげでかなり湿っています。
また、一番下の画像のように群れている様子は、なかなか見応えがあります。
スミレも種類が多くて実はなかなか見分けがつかないのですが、花や葉っぱの特徴、生息場所やその様子などから何となくツボスミレかな、と。
別名は、ニョイスミレ(如意菫)などがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [58] キケマン

花あるき・2011 [58] キケマン

花あるき・2011 [58] キケマン
たぶん、キケマン(黄華鬘)だと思います。
先日撮影したムラサキケマンはケシ科キケマン属でしたが、これがそのキケマンのようです。
やはりとっちらかっていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [57] ヤエザクラ

花あるき・2011 [57] ヤエザクラ
ヤエザクラ(八重桜)です。
花びらが5枚以上で八重咲きになる桜の総称で、品種はたくさんあります。
ソメイヨシノヤマザクラに比べて、花びらが多いぶんだけ一段と華やかさがありますね。
実家の庭や畑には、ヤエザクラが多かった記憶があります。
もっとピンク色が濃い品種だったような……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

花あるき・2011 [56] アメリカフウロ

花あるき・2011 [56] アメリカフウロ
アメリカフウロ(亜米利加風露)です。
名前の通りアメリカ原産で、日本に入ってきたのは昭和初期か戦後と言われているそうです。
直径1cmくらいの淡いピンク色の花で、何だか造り物のようにも見えます。

“道端の花たち”のアメリカフウロはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.20】

2011042001
昨日は、全国的に冷え込んだようで、午前中は強風にも見舞われ、家の中で静かに過ごしました。
今日は、打って変わってよく晴れたので、菜園の手入れをしておくことにしました。
昨日からの冷え込みも多少残っていましたが、日なたでの菜園の手入れは汗がにじみました。

2011042002 2011042003

絹さやえんどうは、一昨日の蕾が見事に開花しました。
きれいな花です。
開花したのは2~3個ですが、他にも蕾がいくつかあります。
しかし、成長差があるため、今後どうなることやら。

2011042004 2011042005

昨年の春頃に植えたニラの苗は、3つのうち2つが冬を越し、生き残りました。

2011042006 2011042007

水菜と大根の花が満開でいつまでも眺めていたい気分だったのですが、花に土の栄養を取られてしまうので、みんな抜いてしまいました。
その後、簡単に耕して、肥料を入れておきました。

2011042008 2011042009

そら豆も順調に成長していて、土寄せをしました【左】。
摘心をするのが早過ぎたかと思っていましたが、そうでもなかったようです。
全体の手入れをする前の菜園はこんな感じでした【右】。


◎これまでの様子はこちら↓
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:耕す、元肥入れ
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】:大根・絹さやえんどう・ほうれん草・水菜の種蒔き 
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.17】:そら豆の種蒔き
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.06】:ほうれん草・水菜・大根の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.23】:絹さやえんどうの発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.04】:空豆の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.11】:ほうれん草・水菜・大根・絹さやえんどう・そら豆の本葉
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.25】:全体の追肥、絹さやえんどう・大根の間引き、そら豆の種蒔き(追加)
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.03.18】:大根・ほうれん草の間引き・土寄せ、絹さやえんどうの支柱立て、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.03】:全体の追肥、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.10】:大根・水菜の開花
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.18】:そら豆の開花、ほうれん草の収穫
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷え込み

2011042010
昨日は、とても冷え込みました。
なぜそんな日に薄手の七分袖の洋服を着ていたのか、自分でも不思議です。
結局、上に2枚重ね着をする羽目に。
しかも、午前中の強風がとても激しくて、ちょっと怖いくらいでした。
花冷えなんてものではなく、春の嵐とでもいった感じでしょうか。
そして、今日は冷え込みはまだ残っているものの、よく晴れました。
洗濯日和、掃除日和、菜園日和………。
じっとしていると寒いけれど、少し動くと汗が出ます。
菜園の手入れのあと、駐車スペースの草抜きを少々。
これから日焼けに注意しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

花あるき・2011 [55] キュウリグサ

花あるき・2011 [55] キュウリグサ
キュウリグサ(胡瓜草)です。
別名は、タビラコ(田平子)などがあります。
小さな水色の花で、ハナイバナ(葉内花)やワスレナグサ(勿忘草)に似ています。

“道端の花たち”のキュウリグサはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [54] ワスレナグサ

花あるき・2011 [54] ワスレナグサ
ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)です。
近くの庭から溢れ出た、園芸品種だと思います。
そもそもワスレナグサとは、広義にはムラサキ科ワスレナグサ属の総称だそうです。
野生のワスレナグサも全国各地で見ることができるそうですが、まだ一度も見たことがありません。
一般的には、日当たりと水はけのよい湿性地を好むそうなので、またあちこち散策してみたいと思います。

“道端の花たち”のワスレナグサはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

花あるき・2011 [53] タチイヌノフグリ

花あるき・2011 [53] タチイヌノフグリ

花あるき・2011 [53] タチイヌノフグリ
タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)です。
相変わらず、ピントがいまいちですね。
オオイヌノフグリと似ていて、同じような場所に咲いていることがあります。
下の画像は、左がタチイヌノフグリで、右がオオイヌノフグリです。
 
“道端の花たち”のタチイヌノフグリはこちら(上がタチイヌノフグリで、下がオオイヌノフグリ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫物2011 菜園編 ほうれん草

収穫物2011 菜園編 ほうれん草

収穫物2011 菜園編 ほうれん草
今日収穫したほうれん草です。
太めのもやしと一緒に炒めて、オイスターソースで味付けしただけの簡単料理です。
料理というほどではないですが…。
菜園にはまだまだあるので、当面ほうれん草を買わずに済みそうです。
できるだけ青いものを食べたいと思っているので、助かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.18】

2011041801
今日は、予報よりも早めに雨が降り出し、その後は降ったりやんだりで、何とも表現しがたい天気となりました。

2011041802 2011041803

2011041804 2011041805

そら豆は、最初に蒔いて唯一発芽した苗に、花が咲き始めました【上】。
それほど大きな株にはなっていないのですが、いくつも蕾をつけています。
また、あとから追加して蒔いたものは順調に成長しています【下】。
晴れたら土寄せをしようと思っています。

2011041806 2011041807

絹さやえんどうは、華奢で成長差があるものの、それなりに成長しています。
一番成長している苗には蕾がつき始めました。
もっと大きくなってからでもよいのですけどね。
間もなく開花することでしょう。

2011041808 2011041809

ほうれん草は、ややトウが立ちつつあって、放っておけば花が咲いてしまいそうなので、少し収穫しました。
あまり間引いていなかったので、今更のように大きめのものを間引くかのごとく収穫しています。
今夜のおかずになります。

2011041810 2011041811

花といえば、水菜【左】と大根【右】です。
立派に成長しましたが、いずれも収穫には至らず。
さて、もうじき花のシーズンが終わってしまうので、ここに何を植えようか思案中です。
 
花を見たくて種蒔きをした訳ではなかったのですが、花を見ていると何だか抜くことができなくて……。
 
 
◎これまでの様子はこちら↓
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:耕す、元肥入れ
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】:大根・絹さやえんどう・ほうれん草・水菜の種蒔き 
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.17】:そら豆の種蒔き
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.06】:ほうれん草・水菜・大根の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.23】:絹さやえんどうの発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.04】:空豆の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.11】:ほうれん草・水菜・大根・絹さやえんどう・そら豆の本葉
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.25】:全体の追肥、絹さやえんどう・大根の間引き、そら豆の種蒔き(追加)
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.03.18】:大根・ほうれん草の間引き・土寄せ、絹さやえんどうの支柱立て、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.03】:全体の追肥、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.10】:大根・水菜の開花
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

花あるき・2011 [52] ジロボウエンゴサク

花あるき・2011 [52] ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)です。
ムラサキケマンと似ていますし、同じケシ科キケマン属なのですが、全体のイメージが違います。
花の色もやや薄いですし、花がまばらなせいか、ごちゃごちゃした感じが少ないです。
また、撮影できていませんが、葉っぱの形が違います。
私の好みは、ムラサキケマンよりこっちのジロボウエンゴサクです。
珍名さんとしてあちこちのサイトでその由来が紹介されているので、関心のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [51] ムラサキケマン

花あるき・2011 [51] ムラサキケマン

花あるき・2011 [51] ムラサキケマン
ムラサキケマン(紫華鬘)です。
とっても小さな花が続いたので、少し大きな草花を!
しかも、紫色です。
別名は、ヤブケマン(藪華鬘)などがあります。
“ケマン(華鬘)”とは、仏殿の欄間などの装飾具のことです。
なんかごちゃごちゃととっちらかってますが、こうなる前は下の画像のように割と整っていたんです(下の画像は、別の日に別の場所で偶然撮影していました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見合い

2011041701
4月1日に材木置き場で出会ったのは、薄茶シマさんよりもこちらの黒しっぽさんのほうが先だったんです。
なんか言いたげな目をしていますね。
赤っぽい首輪がかわいらしいです。

続きを読む "見合い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

花あるき・2011 [50] ノミノフスマ

花あるき・2011 [50] ノミノフスマ
ノミノフスマ(蚤の衾)です。
ノミノツヅリとよく似ていますが、見ての通り違います。
花びらはノミノフスマと違って10枚と思いきや、1枚が2つに裂けて10枚に見えるとか。
むしろコハコベに似ていますが、全体のイメージが違うんですよね。
ちなみに、“衾”とは布などで長方形に作った、寝るときにからだに掛ける夜具で、綿の入ってない現在の掛け布団のようなもの、とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [49] ノミノツヅリ

花あるき・2011 [49] ノミノツヅリ
ノミノツヅリ(蚤の綴り)です。
これまた小さな花です。
“綴り”とは、粗末な衣服のことなのだとか。
う〜ん、どうでしょう。

 
“道端の花たち”のノミノツヅリはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムズムズ

Mike215
まるで鼻に指を突っ込んでるようなミケ
変な鼻シワまで出来てるし。
女子なのに。
 
花粉症は、やはりまだ市販薬が欠かせません。
今は、スギではなくヒノキ花粉が舞っているのでしょうか。
黄砂もセットで影響があるような気もしますが、早く市販薬から脱したい今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

花あるき・2011 [48] ヤエムグラ

花あるき・2011 [48] ヤエムグラ

花あるき・2011 [48] ヤエムグラ
ヤエムグラ(八重葎)です。
ぱっと見はムシクサと同じように見えますが、花の色は淡い緑色で、その付き方も違いますし、葉っぱもちがいます。
ムシクサと同様にとっても小さな花なのですが、ムシクサよりもさらに小さいかも。
ただ、こちらのほうが群れていることが多く、草丈も高くなるし、いわゆる ひっつき虫 でもあるので、目につきやすいと思います。
アップでの撮影も試みましたが、ややピントが合ってないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [47] ムシクサ

花あるき・2011 [47] ムシクサ
ムシクサ(虫草)です。
草丈は5〜10cmくらいで、花の大きさも2〜3mmと、とっても小さな草花です。
花の色は緑っぽく見えますが、白いです。
その辺に普通に咲いているようですが、まず気づきません。
花が小さすぎて、あまりピントが合ってませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨模様

2011041501
今日は昼前から雨模様で菜園の野菜たちはうれしいようですが、気持ちはちょっとブルーです。
それは、花を探しに行けないから…って違うか。
ということで、4月1日に暖かくなったのを見計らって花あるきに出かけた際に出会った猫たちを!
実は、この日に4匹出会っています。
おそらくみんな飼い猫で、みんなお初です。
この薄茶シマさんは、急に視界に現れて私の前を横切り、声をかけるとこんな風に転がってしまいました。
焦りました。

続きを読む "雨模様"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

花あるき・2011 [45] レンゲソウ

花あるき・2011 [45] レンゲソウ

花あるき・2011 [45] レンゲソウ

花あるき・2011 [45] レンゲソウ
レンゲソウ(蓮華草)です。
正しくは、ゲンゲ(紫雲英)だそうです。
昨年撮影した畑は、今年になって半分駐車場になったため、やや盛り上がりに欠けます。

“道端の花たち”のレンゲソウはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [46] シロバナタンポポ

花あるき・2011 [46] シロバナタンポポ

花あるき・2011 [46] シロバナタンポポ
シロバナタンポポ(白花蒲公英)です。
在来種なのだそうです。
普通のタンポポよりも名前の通り白いです。
花びらの外側は真っ白ではなく、中央にグレーががった線をひいたように見えます。
これもヤマザクラ同様に自然のグラデーションの妙ですね。
いろいろ調べてみると、タンポポが黄色だと思っているのは関東以北の人だけで、関西から九州にかけてはこの白花のタンポポが普通なのだそうです。
中国地方で生まれ育った私の記憶をたどると……やはり黄色だと思うんですけど…。
ちなみに、タンポポとは総称で、種類がたくさんあるようです。
おおまかな見分け方も存在するようですが、なかなかわかりにくいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [44] カスマグサ

花あるき・2011 [44] カスマグサ

花あるき・2011 [44] カスマグサ
カスマグサです。
カラスノエンドウスズメノエンドウの中間、すなわちカラスの「カ」とスズメの「ス」の間(この字は「マ」とも読めます)で、カスマグサだそうです。
そんなネーミングはいかがなものでしょう。
ま、ある意味わかりやすいのかもしれませんが…。
下の画像は、ピントがいまいちですが果実(豆果)です。

“道端の花たち”のカスマグサはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

花あるき・2011 [43] ヤマザクラ

花あるき・2011 [43] ヤマザクラ
たぶんヤマザクラ(山桜)の一種ではないかと思います。
梅や桃と同様に種類が多くて、その種類を特定するのは困難です。
花びらがソメイヨシノよりやや濃く、特に中心より外に向かって濃く見えました。
見事なグラデーションです。
また、葉っぱも花と同時に見られ、緑色ではなくやや赤茶色とでもいいましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [42] スズメノエンドウ

花あるき・2011 [42] スズメノエンドウ

花あるき・2011 [42] スズメノエンドウ

花あるき・2011 [42] スズメノエンドウ
スズメノエンドウ(雀野豌豆)です。
昨日はカラス、そして今日はスズメです。
とても小さな花です。
なお、3枚目の画像は右がスズメノエンドウで、左がカラスノエンドウです。
わかりにくいですが、互いの蔓が手をつなぐかのように絡まっています(後ろの金網と重なっているヒゲのようなもの)。

“道端の花たち”のスズメノエンドウはこちら(下の画像)
昨年よりもアップで撮影できましたが、とにかく小さいのでいつも携帯で四苦八苦してます。

昨夜、やっと今月のスキャン&加工がすべて終了し、やり直しもなさそうでひと安心です。
それで、本屋に行った帰りに30分くらい花を撮影して廻りました。
12〜13種類撮影し、4月に入ってから撮影した花の数が20種類を超えたようです。
早く紹介していかないと夏になってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

花あるき・2011 [41] カラスノエンドウ

花あるき・2011 [41] カラスノエンドウ
カラスノエンドウ(烏野豌豆)です。
しかし、Wikipediaによると、植物学的にはヤハズエンドウ(矢筈豌豆)というのが標準的らしいです。
調べてみると、葉っぱの付け根に暗紅色の蜜腺があるとのこと。
花はこれからが本番なので、また見にいってきます。

“道端の花たち”のカラスノエンドウはこちら(上の画像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

春の風景

2011041101
昨日買い物の途中で見かけた満開の桜です。
車に注意しながら慌てて撮影したので、もっと考えて撮影すればよかったなあ、と帰って画像を確認しながら思いました。
ちなみに、この時間帯は雲一つない快晴で、水色の空がとてもきれいでした。
遠くの山から斜めに伸びている白い線は、飛行機雲です。
 

続きを読む "春の風景"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [40] アカカタバミ

花あるき・2011 [40] カタバミ
アカカタバミ(赤片喰、赤酢漿草)です。
カタバミと何が違うのかと言われそうですが、葉っぱが違います。
カタバミの葉っぱよりも若干小さくて、赤っぽいのです。
この葉っぱは微妙な色合いですが、もっと全体的にえんじ色に染まったものもあります。
それにしても、それだけのこと~?という感じですね。
育つ環境も違うのでは?とどこかのサイトに記載している人がいましたが、どちらもあちこちで見かけるのでよくわかりません。
 
さて、絶賛スキャン中&加工中の後半戦に突入し、あと1日くらいで終了です。
今夜も少しだけ進めておこう。
残りは加工のみなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.10】

2011041001
連日バタバタだったのですが、一息できそうなので菜園の様子を見てきました。

2011041002 2011041003

水菜は、結局花が咲いてしまいました。
これでも葉っぱは食べられるでしょうか。

2011041004 2011041005

絹さやえんどうは、どんどん大きく成長しています【左】。
ただ、成長差があり、今後どうなることか。
そら豆は、最初に種蒔きをしたものはここまで大きくなりました【右】。
追加で蒔いたものとはずいぶん差が出てきています。

2011041006 2011041007

大根もみんなが咲いたので、そろそろ何とかしなければ【左】。
ほうれん草は、小ぶりですが上に向かって大きくなっていますし、もう少ししたら収穫してみようと思います。


【追記】2011.04.11
このブログで花をたくさん紹介していますが、花を見たくてこの菜園に種を蒔いたわけではありません。
ただの野菜作り初心者の思わぬ収穫物(!)です。
念のため。
 
 
◎これまでの様子はこちら↓
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:耕す、元肥入れ
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】:大根・絹さやえんどう・ほうれん草・水菜の種蒔き 
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.17】:そら豆の種蒔き
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.06】:ほうれん草・水菜・大根の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.23】:絹さやえんどうの発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.04】:空豆の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.11】:ほうれん草・水菜・大根・絹さやえんどう・そら豆の本葉
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.25】:全体の追肥、絹さやえんどう・大根の間引き、そら豆の種蒔き(追加)
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.03.18】:大根・ほうれん草の間引き・土寄せ、絹さやえんどうの支柱立て、そら豆の摘心
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.03】:全体の追肥、そら豆の摘心
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花あるき・2011 [39] ウンナンオウバイ

花あるき・2011 [39] ウンナンオウバイ
ウンナンオウバイ(雲南黄梅)だと思います。
別名は、オウバイモドキ(黄梅擬)、ウンナンソケイ(雲南素馨)、オウバイソケイ(黄梅素馨)などがあります。
ジャスミンの仲間のようです。
名前の通りオウバイ(黄梅)に似ているそうですが、私はオウバイを見た記憶がありません。

連日のスキャニングと加工の前半戦が昨夜(正しくは今日の未明)終了したので、買い物ついでにちょっとだけ花を撮影してきました。
数日こもりっきりになっている間に春はどんどん進み、短時間にたくさんの花を見ることができました。
さあ、後半戦は前半戦よりはやりやすいようで、少しずつ始めてますが、イマイチ気分が盛り上がりません。
今夜は選挙の開票結果をほどほどに見て、早めに寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

あと少し

あと少し
絶賛加工中。
あと少しで前半戦終了。
目の前は水色の世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

雨
やっとまとまった雨です。
今日も絶賛加工中。
でも、一応山場は越えました。
まだゴールは遠いですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

我が家の…

我が家の
とうとう大根の花が咲いてしまいました。
さて、まだまだ絶賛スキャン中&絶賛加工中につき、菜園のことは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

今日も…

今日も…
ただいま、絶賛加工中。
今夜は徹夜です。
あぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

絶賛加工中

加工中
ただいま、絶賛加工中。
今朝まで絶賛スキャン中で、その後の加工の途中です。
あと2時間くらいで、また絶賛スキャン中に。
それにしても、ここのところくしゃみがよく出ます。
市販薬も1日1錠→2錠にしてます……あぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

ほほえみ

Terako181
昨日から始まった今月のスキャナとの格闘は、現在絶賛加工中です。
あと30分もすれば、また絶賛スキャン中となる予定。
昨夜はほどほどにして寝てしまったので、今夜は少し頑張らねば…。
 
テラコはほほえんでいる訳ではないと思いますが、やさしい表情をしていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

菜園日記 [第2シーズン] 【2011.04.03】

2011040301
ここ数日暖かくなって、菜園の緑も濃くなってきました。
今日は曇っていて、菜園びよりという訳でもないのですが、今日の夕方から1週間あまり忙しくなるので、少しだけ手入れをしておきました。

2011040302 2011040303

水菜は、成長しているのは4株くらいですが、わさわさになっています【左】。
ほうれん草は、それほど大きくなっていないものの、もう食べ頃なのではないかと思ったりします【右】。

2011040304 2011040305

絹さやえんどうは、前回立てた支柱に紐を少し追加しました。
苗は場所によって差がありますし、やや病気気味の葉っぱもありますが、じわじわと成長しています。
追肥をしました。

2011040306 2011040307

そら豆は、最初に芽が出たものは、どんどん成長しています【左】。
追加で種蒔きしたものも、みんな本葉がすでに4~5枚程度になり、摘心と土寄せをしました【右】。
ここも追肥もしています。

2011040308 2011040309

大根は、やはりみんなトウがたっていて、かわいらしい蕾が見えます【左】。
花が咲いたあとは、みんな抜いてまた何かの種蒔きをしようと思っています。
ちなみに、水菜も一番大きいものは蕾が見えます【右】。
そろそろほうれん草と同様、水菜も収穫したほうがよいのかもしれません。
 
 
◎これまでの様子はこちら↓
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:耕す、元肥入れ
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】:大根・絹さやえんどう・ほうれん草・水菜の種蒔き 
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.17】:そら豆の種蒔き
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.06】:ほうれん草・水菜・大根の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.01.23】:絹さやえんどうの発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.04】:空豆の発芽
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.11】:ほうれん草・水菜・大根・絹さやえんどう・そら豆の本葉
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.02.25】:全体の追肥、絹さやえんどう・大根の間引き、そら豆の種蒔き(追加)
 菜園日記 [第2シーズン] 【2011.03.18】:大根・ほうれん草の間引き・土寄せ、絹さやえんどうの支柱立て、そら豆の摘心
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

花あるき・2011 [38] ツルニチニチソウ

花あるき・2011 [38] ツルニチニチソウ
ツルニチニチソウ(蔓日日草)です。
別名は、ビンカ・マジョール[学名]、ツルギキョウ(蔓桔梗)などがあります。
白色の花を咲かせるものもあるそうですが、この色の花しか見たことがありません。
花は1〜2日で萎んでしまうそうですが、昨年も今年も思いがけない別々のところで見ることができました。
 
“道端の花たち”のツルニチニチソウはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

2011040101
今日出会った猫たちをアップしようと思いましたが、やはり今日は断念します。
その代わりに、クロを!
笑っている?ように見えるクロを探したのですが、ほほえんでいるようなのはあっても笑っているのはなかなかないですね。
ま、こんなんで勘弁してください。
笑い転げてるって図のつもりなんですが……。
 
さて、今月のスキャナとの格闘について、正式な連絡がありました。
明後日の午後過ぎからです。
材料が手元に届いてからのスタートとなるため、夕方からになるかもしれない……。
ま、頑張ろう!
そうだ、今からブルーベリーのキャンディーでもなめておこうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卯月 4月

卯月 4月
4月になりました。
よくわからないうちに3月が過ぎていったような気がします。
咲き始めた春の花を眺めながら、いろいろなことを思う今日この頃。
今日は一段と暖かくなったせいか、今まで見たことのない猫に出会いました。
4匹も。
そのうち、接近遭遇できた2匹を後日アップ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »