« 帰ってきた“猫歩き” その11 | トップページ | 道端の花たち 157 アキノタネツケバナ »

2010年12月16日 (木)

菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】

2010121601
今日、先週末に軽く耕して元肥を入れた菜園に種蒔きをしました。
本来なら10~11月には終えておくべきでしたが、とにかくその頃は忙しい日々が続いたために、タイミングを逸していました。
(というか、余裕が出てきた今頃になって思い出したというのが正しいかも。)
こんなに寒くては、発芽はおろか、土が凍ってしまってダメになるかもしれません。
でも、寒さに強そうな秋蒔きの種をとにかく蒔いてみることにしました。

2010121602 2010121603

今日蒔いたのは、絹さやえんどう、ほうれん草、大根、水菜の4つです。
種蒔きとしてギリギリなのは絹さやえんどうで、他はもう大幅に遅れています。

2010121604 2010121605

オレンジ色 → 大根、緑色 → 絹さやえんどう、赤色 → ほうれん草、紫色 → 水菜 となっています【左】。
右の画像は、オレンジ色の箇所の種蒔き後です。
土はやや乾燥気味ですが、今日はあまりに寒いので水やりはしていません。
ちなみに、放置していたニラは、左の画像の水色矢印の①と②のところにあります。

2010121606 2010121607

ニラ①は特に変化がありませんが【左】、ニラ②は前回うっかりして小さな小さな芽のついた根を切ってしまったために埋め戻したもので、なんと芽の先が土から出始めていました【右】。

こんな様子を見ると、今日種蒔きしたものも発芽さえすればどうにかなるのではないか、と楽観的にとらえています。
その発芽が問題な訳ではありますが……。
菜園日記 [第1シーズン] ほどにはならないでしょうし、するつもりもないのですが、今後も記録として時々様子をアップしていく予定です。
 
 
◎これまでの様子はこちら↓
 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:耕す、元肥入れ
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

|

« 帰ってきた“猫歩き” その11 | トップページ | 道端の花たち 157 アキノタネツケバナ »

菜園日記 [第2シーズン]」カテゴリの記事

花・野菜作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.16】:

« 帰ってきた“猫歩き” その11 | トップページ | 道端の花たち 157 アキノタネツケバナ »