« 帰ってきた“猫歩き” その6 | トップページ | 帰ってきた“猫歩き” その7 »

2010年12月11日 (土)

菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】

20101211_1
ピーマンの最終の収穫の後、かろうじて生き残ったニラを放置したまま、菜園も完全に放置状態でしたが、今日、久々に手入れをしました。
枯れた2本のピーマンを抜き、支柱も敷き藁もみんな取り除きました。
そして、一部は耕して元肥を入れ、草木灰を少し撒いてならしました。
また、抜いてかなり経過した草などを肥料の代わりに入れた箇所もあります。
これで少し時間を置いてから、遅ればせながら秋蒔きの種を蒔こうと思っています。
ただ、耕している最中にネキリムシが2つ出てきたので、また芽が出た頃に被害に遭うかもしれませんが、以前ほどワラワラ出てくる訳ではないので、種蒔きのあと様子を見ることにしました。

20101211_2 20101211_3

ニラは左端の1本だけ残っていたので【左】、周辺を耕しただけなのですが、実は右端の1本があった場所に根の塊があり、とってもとっても小さな芽のようなものがついていました。
うっかり何もなくなったと思って耕したために、根を切ってしまいました。
でも、ここまで生き残ったのだから、と思って、耕した土の中に戻しました。
もしかしたら、新たな芽を地表に出すようなことがあるかもしれません。
 
ちなみに、右の画像は11月15日に撮影した第1シーズンの最後の1枚です。
あれからもうじき1ヶ月。
一般的な秋蒔き野菜の時期から随分遅れてしまいましたが、手の空いた今、菜園を復活させます。
第2シーズンは、夏ほど手をかけなくてもよいものを育てたいですし、少々のことは気にしない野菜作りに努めたいと思っています。
 
 
◎菜園日記 [第1シーズン] はこちら

|

« 帰ってきた“猫歩き” その6 | トップページ | 帰ってきた“猫歩き” その7 »

菜園日記 [第2シーズン]」カテゴリの記事

花・野菜作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜園日記 [第2シーズン] 【2010.12.11】:

« 帰ってきた“猫歩き” その6 | トップページ | 帰ってきた“猫歩き” その7 »