« 実りの秋 | トップページ | ひとり肉球まつり・後ろ足編 »

2010年10月 2日 (土)

道端の花たち 112 ナツズイセン

道端の花たち 112
たぶん、ナツズイセン(夏水仙)だと思います。
真夏の花ですが、9月の中旬に見つけました。
猛暑と長い残暑の影響もあるのでしょうか。
ヒガンバナ科ヒガンバナ属でヒガンバナと同様、葉っぱがないのに花が咲いています。
けれど、ヒガンバナのように花のあとから葉っぱを出すのではなく、葉っぱが枯れてから花茎を伸ばして花を咲かせるらしいです。
そんな姿から、俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれるようです。
観賞用として人気がありますが(リコリス・スクアミアゲというそうです)、もとは中国から渡来したといわれていて、野生化しているものも多いとか。

まだ、一般的には夏の花と言われている草花の画像がたくさんあります。
ああ、冬になってしまう…。

|

« 実りの秋 | トップページ | ひとり肉球まつり・後ろ足編 »

」カテゴリの記事

道端の花たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道端の花たち 112 ナツズイセン:

« 実りの秋 | トップページ | ひとり肉球まつり・後ろ足編 »