« 9月2日の答え | トップページ | 関西の空 »

2010年9月 7日 (火)

道端の花たち 91 マルバハッカ

道端の花たち 91

道端の花たち 91
たぶん、マルバハッカ(丸葉薄荷)だと思います。
ヨーロッパ原産で、香料用として栽培されていたものが野生化したようです。
別名は、アップルミントなどがあります。
ハーブとして大変ポピュラーだそうで、近づいただけでハッカ特有の香りが漂う、と書いてあったのですが、撮影中は全く気づきませんでした。
帰宅して名前を調べて知ったので、後日香りを確かめに行ったところ、もう周辺の草とともにみんな刈り取られていました。
香りに気づかなかった原因の1つは、白い蜘蛛が花にとまっているのを見つけてしまったことです【下の画像】。
小さいし花の色と同化してしまっているのでわかりにくいですが、ゆっくり動いていました。
カニグモ科のアズチグモかなと思ったのですが、さすがにこれではわかりませんね。

今日も、雨が降ったりやんだりの繰り返しで、夜になると稲光や雷まで…。
ピークは夜7〜8時頃で、雷の幾つかはどこか近くに落ちたのではないかと思うほど物凄い音で、建物がわずかに揺れました。
不安定な天気はいつまで続くのでしょうか。

|

« 9月2日の答え | トップページ | 関西の空 »

草花」カテゴリの記事

道端の花たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道端の花たち 91 マルバハッカ:

« 9月2日の答え | トップページ | 関西の空 »