« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

菜園日記(2010.8.31=第111日目)

Saien20100831_1
今日も、昨日に引き続き昼間は晴れて暑くなりました。
この時期の午後1:30頃の菜園は、こんな感じです。

Saien20100831_5 Saien20100831_2

Saien20100831_3 Saien20100831_4

いつしか育ってくれればそれでいい、という感じで見守ってきたニラですが、今日何度目かの土寄せをしました【左上】。
根元がむき出しになっていて気になっていたので、他の畝から土を持ってきました。
しかし、枝豆と同じ畝の端っこで雨が降る度に少しずつ土が流れてしまい、傾斜がひどくなっていて思うように土寄せができませんでしたが、何とかむき出しの根元は隠れました。
3箇所植えていますが、最初に苗を植えた時のことを思えば、ちゃんと根付いて成長しています。
初めの頃は、晴れの日が続くと今にも枯れてしまいそうでしたが、株も少しですが増えています。
1箇所ずつ左から撮影してみました【順に右上、左下、右下】。
でも、収穫のタイミングが未だにわかりません。
まだ1本1本の葉っぱは細くて、お店で見るような太さにはなっていないのです。

Saien20100831_6 Saien20100831_7

京みどり”は、以前ほど大きな実にはなりませんが、ここ数日の雨のおかげか、またきれいでつやつやの実を大きくしています【左】。
これまでもそうだったのですが、雨が降る度に実が大きく成長しているような気がして、雨が上がるのをいつも楽しみにしています。
おいしい枝豆”は、前回ほとんど収穫したのですが、まだ華奢な鞘がいくつか残っていたのを放っておいたところ、パンパンになっていたのでわずかですが収穫しました。
もうあとはぺっちゃんこの鞘がいくつか残っている程度です。
時々このあたりにスズメが飛んできていて、枝豆につく虫をついばんでいるようなので、もう少しこのままにしておくことにしました【右】。
今日収穫したのはわずかですが、ベランダで育てているのが2本×2あって、合わせて収穫しています。

Saien20100831_8 Saien20100831_9

日なたがまぶしくてわかりにくいのですが、2階の通路から見下ろした菜園はこんな感じで、大半は何も植えていない土の部分が丸見え状態です【左】。
まだまだこんな夏空なので、もう少し涼しくなってから次に何を植えるか考えようと思っています。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花
  菜園日記(2010.7.29=第78日目):ジャガイモの風雨被害
  菜園日記(2010.8.8=第88日目):ダイコンの収穫、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.8.12=第92日目):ダイコンの収穫
  菜園日記(2010.8.17=第97日目):枝豆の収穫
  菜園日記(2010.8.20=第100日目):マクワウリの収穫、ジャガイモの収穫
  菜園日記(2010.8.26=第106日目):ジャガイモの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 89 ミソハギ

道端の花たち 89

道端の花たち 89
たぶん、ミソハギ(ミソギハギ、禊萩)だと思います。
別名は、ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)、ミゾハギ(溝萩)、ソビソウ(鼠尾草)などがあります。
撮影したのは、8月16日のとてもとても暑い日で、まさにお盆の頃に咲く花であることを実感したのでした。
仏花として仏壇やお墓のお供えにも使われるようです。
日当たりの良い野山の水辺や湿地に自生していて、観賞用として栽培もされています。
よく似た植物にエゾミソハギがあるそうですが、茎や葉っぱに細かい毛がある等で区別がつくそうです。
あまりにまぶしい日差しのもとでの撮影で、向こう側はまさに溝という状況で、花が見づらくなってしまっています。
他のサイトでこの花を確認すると、違う花に見えてしまうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

まだ残暑

Toraoshima2
今週末にはちょこっと関西に行くため、今日は少し予習(!)をしていました。
昨日はずいぶん不安定な天気で過ごしづらかったのですが、今日はそれなりに晴れたものの昨日の不安定さを引きずっているような蒸し蒸しした一日でした。
明日の天気予報は太陽マークばかりのようで、まだまだ暑い日が続くのでしょう。
そういえば、台風が3つも発生して、1つ接近中とか。
もう少し湿度がさがって涼しくなれば、また草花やその他いろいろの撮影に出かけたいんですけどね。
この厳しい残暑続きではなかなか…。
 
この画像も広島時代のものです。
トラオとシマと名づけていた2匹で、他の日にも何枚か2ショット撮影していました。
あ、見つかってしまった、私が。
どうも迷惑している顔ですね、2匹とも。
お邪魔しました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

道端の花たち 88 ヘクソカズラ

道端の花たち 88

道端の花たち 88
ハキダメギクブタナを超える残念な名前の花に、また出会ってしまいました。
たぶん、ヘクソカズラ(屁糞蔓)だと思います。
別名は、ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)などがあり、地方では他にも色々な名前で呼ばれているそうです。
葉っぱや茎に悪臭があることからこんな名前がついたらしいのですが、葉っぱを1枚くらいちぎってみてもさほど臭わないのです。
名前の由来は、万葉の時代にさかのぼるそうですので、興味のある方は是非調べてみてください。
 
今朝、雨を気にしつつ、降っていない時を見計らってチャリで買い物に。
まず最初のお店で買い物を済ませ、次のお店に行きました。
まだ大丈夫。
買い物を終えてお店の外に出ると、何だか灰色の雲が増えてる?
あとは帰るだけなので、チャリをとばして我が家へ向かったのですが、あと約200mというところで急に前方から激しい雨…。
雨宿りする場所もなく、ひたすらペダルをこぎました。
時々あるんです、こういうの。
ぐっしょりとはいきませんでしたが、かなり濡れました。
その後、チャリ置き場にチャリを置いている頃には小ぶりになり、買い物に出かけるときに忘れていた郵便物を持って再び出かけました。
今度は傘をさして徒歩です。
あと5分早く買い物に出かけていれば、この雨に遭わずに済んだかもしれません。
実は、買い物の帰りにこの花に気づいてしまったので、つい撮影してしまったのも失敗だったかも。
ま、仕方ないですね。
その後は、一日中降ったりやんだりの天気で、洗濯物(雨で濡れた洋服などもすぐに洗濯したのです)も夜中になってやっと乾いたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

道端の花たち 87 ヌマトラノオ

道端の花たち 87
たぶん、ヌマトラノオ(沼虎の尾)だと思います。
サクラソウ科オカトラノオ属で、オカトラノオ(岡虎の尾)の花とよく似ていますが、ヌマトラノオのほうが小ぶりのようです。
湿地や沼地に咲くことから“沼”が名前についているそうで、山野の道端や草原に咲くオカトラノオと比較してつけられたとのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

道端の花たち 86 タマスダレ

道端の花たち 86
たぶん、タマスダレ(玉簾)だと思います。
別名は、レインリリーなどがあります。
花はサフランやハナニラに似ていますが、サフランはアヤメ科、ハナニラはユリ科、タマスダレはヒガンバナ科です。
有毒だそうで、茎や葉っぱには要注意です。
ノビルやニラに似た葉っぱで、誤って食べると嘔吐や痙攣を起こすこともあるとか。
園芸種の花で庭や公園に植えられているものをよく見ますが、野生化しているものもあるようです。
夏の暑さが和らいで、秋風が吹き始めた頃に咲き、初秋の訪れを告げる花の1つだそうです。
これを撮影したのは8月15日で、汗だくになったことを思い出しました。
 
今朝は、寝苦しくて何度も目覚めてしまいました。
湿度が高めのせいかもしれません。
昼間も何度か突然雨が降り出し、その後は涼しい風が吹いたり、また少し蒸し蒸ししたり…。
疲れますね、こんな天候が続くと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

菜園日記(2010.8.26=第106日目)

Saien20100826_1
天気予報では傘マークが出始め、昨夜もほんの少しだけ雨が降ったようです。
今朝も、洗濯物を干す時になって、灰色の雲に覆われた空から雨粒が落ちましたが、あっという間にやんでしまいました。
降ったとは言えないかも、といった程度でした。
夜になって少し降ったようですね。

Saien20100826_2 Saien20100826_3

Saien20100826_4 Saien20100826_5

Saien20100826_6 Saien20100826_7

いつ雨が降り出すかわからないし、いまどきの天候は突然の局地的な大雨など予測がなかなか出来ないので、残りのジャガイモを掘りました。
小さめではあるけれど、新イモがいくつか出来ています【左上】。
みんな掘ってしまったあとは、土を全体的にほぐしておきました【右上】。
次に何かを植える予定はないのですが、とりあえず。
収穫できた新イモは小さいものが多く、中には虫に喰われているものもあります【左中】。
掘っている最中に、丸々と太ったネキリムシがゴロゴロ出てきたので、もしかするとネキリムシに喰われたのかもしれません。
トータルで約930gでした【右中】。
一番大きな新イモは約160gで、前回の最大のものよりも大きく成長していました【左下】。
二番手は約80gで、似たようなサイズのものがあと数個あり、その他は計測するのもどうなのかというくらいのものばかりです。
現在は、日陰に置いています。

この他、“おいしい枝豆”も収穫し、残りはほんのわずかとなりました。
京みどり”も、以前ほど大きくならなくなり、虫に喰われているものも出てきましたが、色が変わる前に順次収穫しています。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花
  菜園日記(2010.7.29=第78日目):ジャガイモの風雨被害
  菜園日記(2010.8.8=第88日目):ダイコンの収穫、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.8.12=第92日目):ダイコンの収穫
  菜園日記(2010.8.17=第97日目):枝豆の収穫
  菜園日記(2010.8.20=第100日目):マクワウリの収穫、ジャガイモの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 85 メマツヨイグサ

道端の花たち 85
たぶん、メマツヨイグサ(雌待宵草)だと思います。
花びらの間に隙間があるものをアレチマツヨイグサ(荒地待宵草)、隙間がないものをメマツヨイグサと区別するようですが、今ひとつよくわかりません。
マツヨイグサやコマツヨイグサと同じアカバナ科マツヨイグサ属で、花もよく似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

道端の花たち 84 センニンソウ

道端の花たち 84
たぶん、センニンソウ(仙人草)だと思います。
花のあとの実に白い毛があり、これを仙人のヒゲに見立てたことから、この名前が付いたらしいのですが、定かではありません。
キンポウゲ科の植物で、有毒だそうです。
茎や葉っぱをちぎった時に出る汁で、かぶれることがあるとか。
花はボタンヅル(牡丹蔓)によく似ていますが、葉っぱの形が違うそうです。
また、ボタンヅルのほうが花の大きさがやや小さいとのことですが、これは並べてみないとわかりませんね。
 
今日はほんの少し涼しく感じられましたが、動くと汗が流れます。
夕方には子供たちのにぎやかな声が響いていたので、やはり少しは過ごしやすくなってきているのでしょう。
しかし、その遊びが“おしくらまんじゅう”って…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

秋のきざし?

Kuri_20100824
昨日は、二十四節気の1つの「処暑」だったそうです。
『暦便覧』では、「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と説明されていて、暑さが和らぐころと言われています。
今年は、どうも勝手が違うようですが、ふと見上げると栗のイガが目に留まりました。
 
今日、久々に美容院に行ってきました。
何ヶ月振りでしょうか。
ちょっと切り過ぎました。
この暑さに負けました…。
あ、イガグリ坊主にはなってませんので(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

道端の花たち 83 ニラ

道端の花たち 83
たぶん、ニラ(韮)だと思います。
花が咲いているのを見たのは、初めてかもしれません。
我が菜園のニラは今後どうなるかわかりませんが、道端ではこんなにかわいらしい花を咲かせていました。
ちなみに、ニラの生産量の1位は高知県で、2位は栃木県だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

ふわふわ

Terami1
暑い日が続いています。
今日は、気温自体はいつもとあまり変わりがないとは思うのですが、一段と暑さを感じてしまいました。
特に午後から。
そろそろ過ごしやすくなるといいなあ、と思うのですが、なかなかそうもいかないものですね。

さて、画像は広島時代のテラミです。
手が届かない屋根の上だからこうして撮影できていますが、逃げる気満々だったと思います。
なぜテラミかというと、ここがお寺だからです。
テラコと同じお寺周辺にいる子ですが、テラミを見たのはこの時だけです。
撮影したのは2月頃なのですが、今のような暑い時期だとこんなふわふわは暑いだろうなあ、と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

道端の花たち[52]のおまけ アメリカイヌホオズキ

道端の花たち[52]のおまけ
6月30日に紹介したアメリカイヌホオズキの実が熟していました。
といっても、その時のものではなく、我が家のすぐそばで見つけたものです。
確かに黒くて光沢がありますね。
 
ちなみに、あの時のアメリカイヌホオズキは刈り取られてしまい、また新たな草花が茂っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 82 フヨウ

道端の花たち 82
フヨウ(芙蓉)です。
草花ではないのですが道端で見かけたので、思わず撮影しました。
めしべが曲がっているのが特徴とのことで意識して撮影しましたが、いかがでしょうか。
ムクゲやハイビスカスと同じアオイ科の仲間です。
ピンク色のものが多いようですが、白色の花が咲くものもあるそうです。
実の季節になったら、また撮影したいと思っています、覚えていたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

菜園日記(2010.8.20=第100日目)

Saien20100820_1
今日も、一日中残暑が厳しくて、何もしたくない気分でした。
それでも、洗濯や掃除をしなければならず、朝っぱらから汗だくで、菜園で枝豆の収穫をしている頃は一旦噴き出した汗がひいた状態でした。
この画像は、午後5時過ぎに撮影したもので、雨が何日も降っていないために毎夕行っている水やりのあとです。

Saien20100820_2 Saien20100820_3

Saien20100820_4 Saien20100820_5

マクワウリは、もう葉っぱもほとんど枯れてしまい、どんどん朽ちていくばかりです。
先に実を大きくした“金太郎”は、その後かなり黄色くなり、そろそろ収穫する時期と判断して、今日収穫しました【左上】。
黄金”ももう少し大きくなるのを期待しましたが、葉っぱがこれだけ枯れた上に、実の上のほうを虫が喰ってしまい、収穫せずにそのままにすることにしました【右上】。
(前回(8月17日)の“金太郎”はこちらで、“黄金”はこちら。)
いずれ朽ちると思いますが、少ししたら支柱も撤去する予定です。
収穫した唯一の実である“金太郎”は、250gにも満たない小さな実で【左下】、一番太いところは円周22.5cmです【右下】。

Saien20100820_6 Saien20100820_7

ついでに、ジャガイモの試し掘りをすることにしました。
まずは、ブロック塀に一番近い苗がもう半分以上枯れている状態だったので、茎ごと引っこ抜きました。
けれど、新イモはとっても小さくて、まだこれから大きくなるつもりなのか、もう限界なのかわかりません。
ジャガイモは元肥が重要とのことだったので、恐らくこれで限界ではないかと思い、続いて3本の苗を順番に引っこ抜きました。
結局、4本の苗から形ある新イモはこれだけ採れました【左】。
一番大きな新イモ(左の画像の一番でかいヤツ)は約100gでしたから【右】、他の新イモがいかに小さいかがよくわかると思います。
残り7~8苗くらいあって葉っぱがまだ青々としているので、後日まとめて収穫予定です。

Saien20100820_8 Saien20100820_9

京みどり”は、その後も実をどんどん実らせていますが、以前ほど大きな実にはならないようです。
大きくなったものから順次収穫しています。
ニラも収穫のタイミングがわからず、とにかく毎夕一番に水やりをしています。
場所が大きく成長してしまった“おいしい枝豆”の脇で、方向が西側であり、午後2時前には建物の陰になってしまうので、あまり太陽の恵みを受けていないことになります。
それでも、青々としているので、とにかく毎日見守っている状態です。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花
  菜園日記(2010.7.29=第78日目):ジャガイモの風雨被害
  菜園日記(2010.8.8=第88日目):ダイコンの収穫、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.8.12=第92日目):ダイコンの収穫
  菜園日記(2010.8.17=第97日目):枝豆の収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 81 ヤナギバルイラソウ

道端の花たち 81
たぶん、ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)だと思います。
これが昨日のキツネノマゴと同じキツネノマゴ科の花ですが、属が違います(キツネノマゴはキツネノマゴ属で、ヤナギバルイラソウはルイラソウ属です)。
このヤナギバルイラソウは半耐寒性の常緑小低木なので、草花というにはやや無理があるかもしれません。
別名は、ルエリア・スクアローサ、コモン・ルエリア、イセハナビなどがあります。
一日花とのことで、ツユクサと同様に1つ1つの花の命は短く、朝咲いて夕方までは持たないといった感じのようです。
ですが、次々と蕾が大きくなって後からあとから花が咲き出すため、ずっと咲いているイメージがあります。
花は4〜5cmくらいの大きさで、葉っぱは名前の通り柳の葉っぱに似ています。
メキシコ原産で、観賞用として日本に入ってきたそうですが、繁殖力が強くてあちこちで雑草化しているとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

道端の花たち 80 キツネノマゴ

道端の花たち 80
たぶん、キツネノマゴ(狐の孫)だと思います。
名前の由来は定かではないのですが、花穂の形を狐の尾に見立てて、尾につく数個の花を、まとわりつく孫に例えた、というような記述をどこかで見ました。
とても小さな花で、携帯マクロではこれが限界でした。
シソ科の花や蕾のようでもありますが、キツネノマゴ科という科だそうです。
似たような花に、カキドオシムラサキサギゴケなどがあります。
ちなみに、琉球列島にはこの近縁種でキツネノヒマゴという植物があるそうで、葉っぱがやや小さいらしいです。

同じキツネノマゴ科でもイメージの異なる花も撮影済みなので、近日中に紹介します。

今日は、我が家(集合住宅)の前の駐車スペースの草抜きをしました。
やや曇りがちだったのと、少し前から気になっていたのとで、思い切って草抜きを決行した訳ですが、すぐに雲が流れ、また大量の汗を流すことに。
約1時間の作業を終え、ビニール手袋をはずすと、中からコップ半分くらいの水(汗)が出てきました。
指、痩せた?と一瞬思いましたが、ふやけて太ってました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の枝豆

今日の枝豆
菜園での初収穫以後、毎日その日に食べるぶんだけ収穫している“おいしい枝豆”です。
昨日は焼き枝豆にしましたが、今日は電子レンジでチンをしたジャガイモとマヨネーズで和えてみました。
我が菜園のジャガイモの収穫はまだなので、先日実家から届いた実家の畑育ちのジャガイモを使ってます。
ちなみに、横に添えたピーマンは我が菜園育ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

道端の花たち 79 キキョウ

道端の花たち 79
キキョウ(桔梗)です。
秋の七草の1つですが、近所の庭や鉢植えのものは7月頃から咲いているのを見かけていました。
だからという訳でもないのですが、キキョウソウヒナキキョウソウを紹介して以降は、特に気をつけて道を通るようにしていました。
万葉集に出てくる“アサガオ”は、このキキョウのことだろうと言われているとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

収穫物2010 菜園編 その5

収穫物2010 菜園編 その5

収穫物2010 菜園編 その5
今日、菜園の“おいしい枝豆”を初めて収穫しました。
普通に塩茹でしていただきました。
まだまだたくさん実っていて、順次収穫出来そうなので、大豆となってしまう前に収穫していかなければ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

菜園日記(2010.8.17=第97日目)

Saien20100817_1
残暑が厳しくて、菜園はからっからです。
昨夕には遠くで雷も鳴ったのですが、結局雨は降りませんでした。
今日は雷すら鳴りませんでしたが、昨日に比べれば雲を多くみたような気がします。
気だけです。

Saien20100817_2 Saien20100817_3

おいしい枝豆”はどの苗もたくさんの実をつけていて、鞘の中でパンパンになっているものもあります。
実入りの良いものを少しだけ収穫してみました。
種蒔きをしてから65日目で、種の入っていた袋には約90日頃が収穫時期と書かれていましたが、タイミングを逃すと大豆として収穫することになってしまいます。
花が咲き始めてからは34日目になります。
移植組は数日遅れですし、場所によって成長の差があるので、今後は様子を見ながらの収穫になりそうです。

Saien20100817_4 Saien20100817_5

ジャガイモの葉っぱは、畝の端っこのほうの苗は少し枯れてきていますが、全体的にはまだまだ青々としています。
1個だけ新イモが土から出てしまったので、撮影しておきました。
すでに少し緑化していますが、他の新イモはみんな土の中にあるようです。
全体的にもう少し葉っぱが黄色くなってきたら、一気に収穫してしまおうかと思っていますが、その前に試し掘りをしたほうがいいかもしれませんね。

Saien20100817_6 Saien20100817_7

マクワウリは、2本とも葉っぱがほとんど枯れてしまい、もう今以上に実を大きくすることはないと思われます。
もう少し待ってから収穫する予定です。
左が“金太郎”で、右が“黄金”です。
前回(8月12日)の“金太郎”はこちらで、“黄金”はこちら

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花
  菜園日記(2010.7.29=第78日目):ジャガイモの風雨被害
  菜園日記(2010.8.8=第88日目):ダイコンの収穫、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.8.12=第92日目):ダイコンの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の温湿計

20100817_1 20100817_2

今日も昨日に引き続き、残暑が厳しくて…。
昨日外に出してみた温湿計ですが、今日はベランダのコンクリートの上に置いてみました。
午後3時半前後です。
左が日陰に置いた時のものです。
日なたになっているコンクリートは熱くてサンダルなしで歩くには少し勇気がいりますが、日陰は触ってみてもほとんど熱く感じませんでした。
その後、その日陰から20数cm離れた日なたに出したところ、また振り切ってしまいました。
右がその時のものです。
時間の関係もあるかもしれませんが、昨日よりも一段と振り切っています。
恐らく、この時点でこの温湿計は正常に機能していないと思われます。
それから家の中の定位置に戻したところ、正常に戻ったようですが、本当に正常に戻ったかは定かではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

道端の花たち 78 イネ

道端の花たち

道端の花たち
イネ(稲)です。
小さすぎてわかりにくいですが、手前の稲穂から出ている白い粒々が花です。
イネには花びらがありません。
もっとアップだと良かったのですが、携帯マクロでも限界でした。
あ、頑張ればもう少しはアップで撮影できそうですが、青空も絡めて撮影したかったのと、我が家を目の前にして暑さから早く逃れたくてたった2枚しか撮影しなかったのとで、結局花が主役になっていない画像になっています(なんて、自分で自分に言い訳…汗)。
品種や場所によって花の咲く時期がまちまちなので、また改めてコンデジのマクロで撮影しようと思います。
でも、これだけ小さいと、私の持ってるコンデジでは厳しいでしょうね。

【追記】(2010.08.17)
画像を入れ替えました。
携帯マクロで、ズームを使わずにギリギリまで接近し、空と雲を絡めて撮影し直しました。
これで 道端の花たち らしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り切った

20100816_1 20100816_2

左は今日の午後4:30頃の温度と湿度です。
昼過ぎから外の温度が気になり、部屋の中においていた簡易の温湿計をベランダに置いてあるエアコンの室外機の上に移動させました。
その時には、太陽がかなり高い位置にあったため、温湿計はかろうじて日陰にありました。
そのうちに温湿計のことを忘れてしまい、午後4:30頃に思い出したのです。
太陽はかなり傾いていて、直射日光があたっていました。
よく見ると、温度は40℃を振り切っていますし、湿度は10数%です。

すぐさま部屋の定位置に戻し、約20分経過したのが右です。
このくらいで針の振れが一旦安定したようなので、部屋の中はだいたいこのくらいだったのでしょう。
この温湿計はこれまであまり信用はしていなかったのですが、それでも厳しい残暑をそれなりに反映しているのではないでしょうか。
もっと信用してもいいのかな。

こんな日にもかかわらず、自転車で久々に少し周辺を走りました。
さすがに花は少ないですが、それでもヒメジョオンヒメイワダレソウ、日陰にはツユクサなど、いくつかの花が咲いているのを見かけました。
夏休みというのに外で遊ぶ子供は皆無でした。
まあ、今日のような日の午後1時~2時頃に日なたで外遊びはないか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

道端の花たち[74]のおまけ アサガオ

道端の花たち[74]のおまけ
この前、アサガオを紹介しましたが、どうやらマルバアサガオ(丸葉朝顔)の可能性が高いです。
観賞用として江戸時代に渡来し、繁殖力が旺盛であることから野生化したものがあちこちで見られるようになったとか。
今回は、よく見かける普通のアサガオの葉っぱをどうぞ。
(って、これも別の種類だったりして…笑)

アサガオは、江戸時代に品種改良が盛んに行われ、観賞用植物として人気があったようです。
マルバアサガオは、アサガオの近縁種という位置付けだそうです。
アサガオにしてもマルバアサガオにしても、品種改良される前やされたばかりの花ってどんな花だったんでしょうね。
研究者の間では、当時の花の再現を試みるなど、いろいろ研究がされているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

お盆休み

Shiroro_20100814_1
世間ではお盆休みということで、帰省や観光旅行など民族大移動が行われているようです。
渋滞予測も、あたったりあたらなかったりで、予測が難しいといわれる今年のお盆休み。
現在の私にはあまり関係がないので、いつもの週末と大差ない生活をしている今日この頃です。
お彼岸には帰省しようかなとは思っていますが、どうなることやら。

さて、画像は真っ白さんと真っ白さんのお母さんです。
この日は、いつもの場所ではなく、斜め向かいの駐車場にこうしていました。
この前の夏の肉球まつりの時と違って2匹ともやや迷惑そうでしたが、一応やさしそうな顔をしてくれました。
手前が真っ白さんで、後ろが真っ白さんのお母さんです。
いくつになっても母は母なんでしょうかね。
真っ白さんのお母さんは、撮影の途中からずっと真っ白さんをなめていました。
これ以上お邪魔をしてはまずいと思い、早めにその場を離れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

道端の花たち 77 オニユリ

道端の花たち 77
オニユリ(鬼百合)です。
この花を見ると夏だなあという気がします。
茶碗蒸しなどに入っている百合根は、このオニユリとヤマユリ(山百合)の球根なんだそうです。
知らなかった〜。
ヤマユリをはじめ、ユリ科の花を見かけることが多い気がしていたのですが、暑さが厳しいのと、ついこの前まで突然のにわか雨を警戒して…買い物以外での撮影に出掛けるのをためらっていました。
まだ残暑は厳しいですが、また時間の余裕がある時には自転車を走らせてみようと思います。

【菜園備忘録】
今日、我が家がお借りしているところの奥の3坪あまりのスペースの草抜きをしました。
ここの本気モードの草抜きをするのはこれが3回目です。
1時間半近くの間、汗まみれの泥まみれ。
疲れました〜。
その後、“京みどり”の収穫。
13個!!
疲れも吹っ飛びました…って、軽い筋肉痛が…。
半分を下の階のお宅にまたお裾分けしました。
だって、次の収穫の順番が近づいているものがいくつもぶら下がってるんですから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

菜園日記(2010.8.12=第92日目)

Saien20100812_1
台風4号の日本海北上による直接的な影響は受けませんでしたが、時折激しい風が吹いていました。
そして、今日は朝から晴れていて、時々曇ったりもしますが、ここ数日のような突然の雨なんてことにはなりそうにない空模様です。
明日以降、残暑が相当厳しくなるとの予報だったので、少しだけ菜園の手入れをすることにしました。
流れるどころか、顎からしたたり落ちる汗を気にもとめず、約30分というわずかな時間の手入れでした。

Saien20100812_2 Saien20100812_3

ダイコンの収穫はあと1~2本程度か、と前回書いていましたが、今日全部収穫しました。
葉っぱはカブラハバチの幼虫だけでなく、数え切れないほどのアブラムシの発生の上、すでに土との境目などから腐り始めているものもあったので、思い切って全部抜きました。
ダイコンを抜く時に葉っぱから落ちたカブラハバチの幼虫が、土の上にたくさん丸まっていました。
今日一気に抜いたのは、よい状態のダイコンだけをこのまま放置しても、今以上に成長することはないだろうと思ったためでもあります。
さらに、前回抜いたものでダメダメだったものは端っこに積んでおいたのですが、今回抜いたものも含めて臭いがあまりよろしくなかったこともあり、ダイコンを植えていた場所を軽く耕して、中にみんな埋めました【左】。
すぐに何かを植える訳ではないので、時間と共によい肥料になればと思っています。
ただ、移植ごてで耕したので、あまり深く掘れず、部分的に腐っていただけのものは芽が出てくるかも知れません(笑)。

そして、収穫したダイコンは、見かけ上まあまあなのが2本と、表面に虫喰いのあとが多数見られるのが2本の計4本でした【右】。
太さはみんな5~6cmはあると思います。
一番長いのと一番短いのがまあまあの部類で、いずれも1箇所目の場所の分です。
虫喰いが目立つ2本は、2箇所目の場所の分です。

Saien20100812_4 Saien20100812_5

マクワウリのその後ですが、“金太郎”は大きさはもうあまり変化がないのですが、一段と黄色みを帯びてきました【左】。
黄金”はまだまだ育ち盛りなのか、グーと比べるとこんな感じで、ずいぶん大きくなった感じがします【右】。
前回(8月8日)の“金太郎”はこちらで、“黄金”はこちら

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花
  菜園日記(2010.7.29=第78日目):ジャガイモの風雨被害
  菜園日記(2010.8.8=第88日目):ダイコンの収穫、ピーマンの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 76 タカサゴユリ

道端の花たち 76

道端の花たち 76
たぶん、タカサゴユリ(高砂百合)だと思います。
別名は、タイワンユリ(台湾百合)、ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)などがあります。
花の形はテッポウユリそのものですが、別名にもあるように葉っぱの太さの違いで見分けるとか。
確かに、しゅっと細めな葉っぱです。
原産地は、台湾の高砂というところだそうです。
ちなみに、タカサゴユリとテッポウユリの交雑で両方の長所を併せ持つシンテッポウユリという品種も作られているそうで、見た目で判別するのは難しいと言われています。

今日は、日航ジャンボ機の墜落事故から25年です。
夏休みで帰省中の実家で、畑仕事からなかなか戻ってこない母親を待ちながら、夕方のニュースで日航ジャンボ機が行方不明との速報を見た記憶があります。
あれから25年なんですね。
奇しくも、今夜はペルセウス座流星群が見えるとのこと、夜空を見上げてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

現場にて その3

その2の続きです。これで最後です。

現場は、こんなものを作っている工場の倉庫で、すぐ近くの店舗の駐車場にはこんなものがあります。
翌日の地方新聞によると、鉄骨スレート造り倉庫2棟、約1千平方メートルを全焼、とのこと。
鎮火まで14時間以上かかり、近隣町村の消防団への応援要請もあったそうで、夜通しの消火活動が行われました。
消火活動中の消防署員や消防団員のケガもあったとか。
夜中に一度だけ救急車のサイレンの音を聞いていますが、何時頃のことだったのか、また、この火災と関係があるのかはわからずじまいです。
夜間だったし、倉庫ということもあって、火の気はないはず、との社長のコメントもありました。
私は、2棟あったことは撮影中は全く気づかず、鎮火した翌日に改めて現場を撮影していて知りました(この時、新聞はまだ読んでいませんでした)。
また、倉庫の壁に使用されている断熱材が燃えることで発生する有毒ガスに気をつけるよう、風下にあたる町の中心部では注意喚起の放送か何かが流されたと聞きました。
我が家は幸いにも風下になることはなく、撮影中もそうでない時も煙に包み込まれるようなことは全くありませんでした。
14時間以上も燃え続けた火災現場では、その後現場検証が長い時間行われたようです。
そして、県道をはさんだ向かいの工場では、火災のあった翌日から操業を再開していて、いつも響いていた大きな爆発音が時々響き渡っています。

画像はすべて鎮火した翌日の8/6に撮影したものです。

   

続きを読む "現場にて その3"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

現場にて その2

その1からの続きです。

外は時間とともに白んできて、現場がリアルにわかってくるようになりました。


  

続きを読む "現場にて その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場にて その1

2010年8月4日(水曜日)。
23時過ぎに我が家から出かける人間を送り出し、ほどなく町内のサイレンの音。
23時20分頃だったでしょうか。
このようなサイレンが鳴る時には、そのサイレンが何のサイレンなのか放送されることがあります。
近くのスピーカーからは、「…○○地区の建物火災…」と聞こえるようなのですが、家の中にいるとはっきりとは聞き取れません。
少しして先ほど送り出した人間からの電話があり、どうも近くで火災が発生しているらしいとのこと。
前後して消防車のサイレンも大きく鳴り響き、前の道を通過したかも、と思いました。
電話の話では、火災というよりもとにかく煙がすごくて、その発生場所がわからない、と。
その後、消防車のサイレンの音が響くことはあるものの、我が家からは離れた場所での出来事だと思い込み、何かあればまた情報が入るスベはあるだろうと外の様子を気にしつつ、仕事やら何やらしていました。

そして、日付はかわり8月5日(木曜日)。
同地区内でのことだということはわかったのですが、多少のドキドキ感とともに、眠れないままPCを眺めて過ごしていたところ、網戸にしていた窓の外から機械的な音が…。
こんな夜中に掃除機でもかけているのかな?と思ったのです。
まだ夜明けまでは何時間もある2時ちょっと前。
ここは集合住宅で、夏休みともなると予想外の時間のおでかけや帰宅をする家族が多くなりがちなため、迷惑ではあるけれどやむなくこんな時間の掃除なのかな、くらいの感覚でした。
そして、網戸を開けて外を覗いてびっくりです。
ベランダから見える田んぼの向こうの建物の火災で、消火の真っ最中。
掃除機の音に聞こえたのは、放水している音だったのです。

    

続きを読む "現場にて その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

お裾分け

20100810_1
8月8日の菜園日記の“京みどり”の画像を大きくしてみました。
さて、この中に収穫間近のピーマンはいくつ実っているでしょう。
2本の苗を植えているのですが、最初は両方から1個ずつの収穫があり、その後、この苗の右手にある苗から7個収穫しました。
そして、8月8日、主に右手の苗から4個(1個か2個はこちらの苗からだったかも)収穫したのでした。
これはその収穫直前に撮影したものです。
葉っぱの後ろや一部しか見えないものもありますが、14個確認できます、たぶん。
右下の見切れているものも含めています。
まだまだ小さいものは数えていません。
実家から届いたピーマンは何とか食べきったのですが、こんな調子では食べ切れそうにありません。
まだこの右手にも苗はあって、こちらほどではないにしても、どんどん実を大きくしています。
ということで、下の階のお宅にお裾分けしました。
菜園の隣りにある部屋のお宅で、毎日部屋の前を何度も行き来してご迷惑もかけているだろうし、このお宅は菜園を使っていない方なので。
我が菜園の中で最も手間いらずなピーマンは、いろいろな意味でいい活躍をしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

道端の花たち 75 オオカッコウアザミ

道端の花たち 75
たぶん、オオカッコウアザミ(大霍香薊、大郭公薊)だと思います。
別名、アゲラタムなどがあります。
園芸品種が多数あるらしく、栽培されているもののほとんどはオオカッコウアザミだそうです。
花の色は、紫色のほかに白色もあるとか。
熱帯アメリカ原産で、明治時代に渡来したそうで、ネットで調べていると沖縄で撮影されたものをいくつも見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比べてみる

比べてみる
実家から届いたピーマンと我が菜園で収穫した“京みどり”を、並べて記念撮影してみました。
左が我が菜園育ちで、右が実家育ちです。
実家育ちは収穫から日にちが経っているせいか、もともとこんなものなのか艶っぽさがあまりないですが、形を見比べてもその品種の違いは明らかですね。
実家のほうがずんぐりむっくりな感じで、“京みどり”はしゅっとしているというか…。
昔と今の若者の体型の違いっぽくも見えるでしょうか。
そうでもないですか?
味の違いは感じませんでした。
と言っても、調理してしまえば、違いがあってもあまりわからないでしょうね。
実家育ちのほうがやや肉厚ですが、いずれもジューシーで青臭く、いかにもピーマンといった感じです。

今日は、65年目の長崎・原爆の日でした。
記念式典の様子をテレビで見る限り、広島とは雰囲気が違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

菜園日記(2010.8.8=第88日目)

Saien20100808_1
ここのところ天候が安定せず、晴れていたかと思ったら突然の雨、そして、また晴れる…といった具合で、菜園の撮影のみの日々が続きました。
ここ2週間は連日忙しくて、天気が良くても菜園の手入れはほとんど出来ず、ダイコンに大きな影響が出ていました。

Saien20100808_2 Saien20100808_3

Saien20100808_4 Saien20100808_5

晴れの日が続いた頃には、朝夕の水やりを続けていたので、その際にカブラハバチの幼虫を見つけ次第捕獲していました。
でも、にわか雨が多くなり、カブラハバチの幼虫の捕獲をしなくなってから、ダイコンの葉っぱは虫喰いだらけになり、他の虫や病気も出たようです。
地面との境目や根の中心部が腐り始めているものも多数有ります。
そんな中、あのネキリムシに茎を切断されたダイコンがこんなに大きくなったので、今日収穫しました【上】。
1本目よりは小さいですが、それでもこれ以上放っておくと虫や病気でダメになってしまうと判断した上での収穫です。
他の収穫できないほど悪くなったダイコンは、みんな抜きました。
1箇所目【左下】も2箇所目【右下】も、あと1~2本収穫できればよいほうです。
夏ダイコンは難しい~。

Saien20100808_6 Saien20100808_7

ずっと「間もなく」と言い続けていた“京みどり”の収穫も、やっと今日行いました【左】。
今日はひとまず4個です。
それから、ジャガイモ前回の大荒れの天気の時にみんな傾いてしまいましたが、翌日から傾いたまま上を向き、青々とした葉っぱで太陽の恵みを吸収しているようです【右】。

Saien20100808_8 Saien20100808_9

ウリハムシに好かれてしまったマクワウリは、気づくとこんな感じ。
先に大きくなったのは最初に苗を植えた“金太郎”で、気づいたのは7月31日でした。
日に日に大きくなって、グーと比べるとこんなサイズで、少し黄色みを帯びてきました【左】。
さらに、一昨日、“黄金”の実に気づきました【右】。
こちらはまだグーと比べるとこんなに小さいですが、徐々に大きくなりつつあります。

Saien20100808_10 Saien20100808_11

おいしい枝豆”もどんどん実を太らせているようですし【左】、ニラも一時ダメかと思っていましたが、ここにきて元気に大きくなっています【右】。

Saien20100808_12 Saien20100808_13

ちなみに、今日収穫したダイコンは、重さは585g、一番太い部分の太さは円周約19.4cm(直径約6cm?)で、長さが短い分前回のよりも軽いですが、太さはほぼ同じでした。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花
  菜園日記(2010.7.29=第78日目):ジャガイモの風雨被害

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

暦の上では

暦の上では
今日は立秋だそうです。
ここ数日は晴れたり降ったり曇ったりの繰り返しで、最も暑かった頃を思えば多少は気温も下がっているようです。
けれど、少し動けば汗が流れて、まだまだ8月であることを実感します。
プチトマトの様子を見るためにベランダに行くと、行き倒れの蝉を発見。
地上に出てきてからの命がとても短いのは知っていますが、まさか2階のベランダでこんな姿を見ることになろうとは…。
もう息絶えていました。
夏の終わりを感じた瞬間でしたが、これから厳しい残暑にさらに汗を流すことになるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

祈り

Oriduru_20100806_1
今日は、65年目の広島・原爆の日です。
朝8時15分、テレビの前で黙祷をささげました。
県北とはいえ広島出身で、小学生・中学生の頃には夏休みの登校日の1回はこの日でした。
8時15分までに登校して、朝の会を終え、教室のテレビの前で「その時」を迎えます。
平和集会を行ったり、平和学習として原爆や戦争、平和に関する映画を見るのが当たり前だった記憶があります。
覚えているのは、「はだしのゲン」「二人のイーダ」です。
「はだしのゲン」は3回見たような…。
また、原爆の歌を歌った記憶もあります。
「原爆許すまじ」(作詞:浅田 石二/作曲:木下 航二)とか「青い空は」(作詞:小森 香子/作曲:小西 ススム)とか。
うろ覚えですが、今でも歌えます(ネットで検索すると曲が流れるサイトがあるようです)。
原爆資料館の見学も何度か経験がありますし、市内に住んでいた頃には平和公園にもよく行きました。
その平和公園で行われた今年の広島の平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)は、国連事務総長や駐日アメリカ大使、核保有国の英仏代表の初参列など、ニュースでも大きく取り上げられました。
この式典には一度だけ参列したことがあります。
もう何年も前のことですが、当時の仕事の関係でかなり前のほうの椅子に座りました。
あの日も、今日の広島のように暑かったことが今でも記憶に残っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

昨日の答え

昨日の答え

昨日の答え
昨日の問題の答えは、オシロイバナの種です。
簡単でしたね(笑)。
種を数粒持ち帰り、包丁で半分に割ってみました。
あ、どこかに書いてあった通り中身が白い!
爪楊枝でつついてみるて、まさに白粉(おしろい)です。
納得の瞬間でした。

昨夜の急な取り込み中は、今朝まで尾をひき、横になったのは今朝の5時半すぎ。
一応画像も多少はあるのですが、大半がダメダメ状態でした。
すぐアップしたいのは山々ですが、ダメダメな上に他がバタバタなので、また後日、改めて記事を書く予定です。
とにかく、今夜はもうぼーっとしているので、寝ます。
バタバタの元は…今夜は目をつむります(つぶります?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

道端の花たち[72]のおまけ オシロイバナ

道端の花たち[72]のおまけ
さて、これは何でしょう。
といいながら、タイトルがヒントになってしまっています。
今、急に取り込み中になってしまったので、答えはまた明日(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

道端の花たち 74 マルバアサガオ

Asagao_20100803
いつもは携帯で撮影する道端の花ですが、どうも色が美しくありませんでした。
それで、同時に撮影したコンデジの画像をどうぞ。
そう、アサガオです。
朝7時半過ぎに歩いて1分くらいのところに撮影に行きました。
昼を過ぎるととたんにしぼんでしまいます。
そんな時、ヒルガオを見に行けばよいのかもしれません。
でも、近所で見かけたヒルガオは、場所が悪かったためにみんな抜かれてしまいました。
アサ、ヒル、ときて次はヨルガオですが、咲いているのを見たことはありません。
そこで思いつくのがユウガオですが、これはいわゆるヒョウタンですし、ウリ科ユウガオ属なんです。
アサガオ、ヒルガオ、ヨルガオはみんなヒルガオ科なので、ユウガオとは直接の関係はないとのこと。

今日は、朝から曇ったり晴れたりのお天気で(最近はいつも晴れたり曇ったりだった)、午後には雨が少し降りました。
程なくやみましたが、さっきからまた雨音が聞こえてきました。
明日は傘マークの多い天気予報だったので、早めに降り始めたようです。


【追記】(2010.08.15)
どうやらこれはマルバアサガオ(丸葉朝顔)の可能性が高いようです。
詳細は、道端の花たち[74]のおまけに書いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リベンジ?

リベンジ?
この前、菜園で収穫したピーマンで青椒肉絲を作った際に、彩りに満足出来ずにいました。
そして、今夜、再び青椒肉絲を作りました。
なぜ、今また青椒肉絲か…。
そうです、ピーマンがあるからです。
菜園の“京みどり”はそろそろ3度目の収穫ができるのですが、そんな時に実家から箱いっぱいの野菜が到着。
あ、ピーマンも入ってる。
品種が違うみたいで、丸々として肉厚なピーマンが8個も。
それで、長旅(というほどでもないですが)をしてきた実家のピーマンからいただくことにしました。
彩りにこだわるなら赤ピーマンとかを使うべきかもしれませんが、残念ながらみんな緑なので、細切り竹の子の水煮を入れました。
リベンジは、成功か失敗か。
一応、前回よりも彩りはよくなりました、前回よりは。

まだ3個も残っているので、また何か考えねば。
それと、我が菜園のピーマンとの2ショットも撮らなくては。
それはまた後日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

夏の肉球まつりですって

Shiroro_20100802_1 Shiroro_20100802_2

夏の肉球まつりとのことなので(笑)、この前の真っ白さんのところにお願いに行きました。
暑いし眠いしとのことでしたが、快く協力していただけることに。
いきなり、足からですか?

Shiroro_20100802_3 Shiroro_20100802_4

お願いしたのはこっちだった訳ですが、いろいろあって慌ただしい撮影となり、あせってボケボケ画像の山を積み上げました。

真っ白さん、そして真っ白さんのお母さん、ありがとうございました。
真っ白さんのお母さんも一応撮影しているのですが、肉球は見せていただけませんでした。

続きを読む "夏の肉球まつりですって"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

葉月 8月

葉月 8月
暑い暑いと言っているうちに、8月になってしまいました。
今年は残暑もかなり厳しいらしく、ため息が出ます。
菜園もプランターも私自身も、連日の暑さで疲れ気味です。
毎日、朝夕の水やりが日課となっていて、新たな収穫を控えている今日この頃です。
ぼちぼち頑張ろうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »