« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

歌って走って

歌って走って
今日は、この水車のある場所でのど自慢大会がありました。
その名も「歌って走ってキャラバンバン」。
KUTV主催の歌謡選手権で、県内各地で順番に予選大会を行い、各地区の優勝者が8月末の決勝大会で県内一番を競います。
今年は第34回だそうで、地区大会も本大会もTV収録され、ほどなくOAされます。
我が家から歩いて数分の場所なのですが、一日中仕事に追われていて、気づいた時にはお開きの時間になっていました。
夕方からの大会ですが、昼過ぎからマジックショーやビンゴ大会、ヨーヨー釣りなど縁日のような催しで盛り上がっていたようです。
ちなみに、この水車のある場所は、こんなものを作って売っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

道端の花たち 73 ネジバナ

道端の花たち 73
ネジバナ(捩花)です。
別名は、ネジリソウ(ねじり草)、ネジリバナ、モジズリ(綟摺)などがあります。
意外にもラン科なのだそうで、花をよく見ると何となくうなずけます。
1つ1つの花がとても小さくてかわいらしいのですが、せっかく撮影したのにブレブレでした。
しっかりねじれているものが多いのですが、たまにほとんどねじれていないものも。

本日召集された臨時国会は、さきの参議院議員選挙の結果において衆参のねじれ状態でのスタートです。
いわゆる「ねじれ国会」で、前回のねじれとは状況が異なるので、ニュースなど今まで以上に関心をもってみていかなければ、と思いながらこの花を見ていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

菜園日記(2010.7.29=第78日目)

Saien20100729_1
昨夜からの大雨は、今日の午前中まで続きました。
続いたとはいっても、降ったりやんだりの繰り返しで、突然激しい雨音や風の音に驚くこともしばしば。
なのに、少しすると何事もなかったかのような感じになったり…。

Saien20100729_2 Saien20100729_3

今朝、一時雨があがったのを見計らって菜園へ行ってみると、ジャガイモの苗がずいぶんこけていました。
それでも、70cm前後の高さになっているものもあるのですが、どれも茎が折れた様子はなく、激しい風雨に煽られて傾いた、というのが正しい表現かもしれません。
いつの間にか、どの苗も花が咲いていました。

Saien20100729_4 Saien20100729_5

ダイコンも、虫喰いだらけの葉っぱが風雨に煽られたようで、とっちらかっています【左】。
ネキリムシに茎を切断されたダイコンは、こんなに大きくなりました【右】。

Saien20100729_6 Saien20100729_7

ジャガイモの次に風雨に負けているだろうと思っていた“おいしい枝豆”は、細くて華奢な茎なのですが、意外にもしっかり立っていました。
昨夜23時半頃に懐中電灯をもって様子を見に行った時には、随分風に煽られていました。
周囲に支柱を立てて紐で囲っておけば良かったかな、とは思っていたのですが、今回は必要なかったようです。
こうやって上から見ても、何事もなかったかのようです【左】。
実も、鞘の中で日に日に大きくなっています【右】。

Saien20100729_8 Saien20100729_9

京みどり”は、間もなく3回目の収穫を迎えることができそうです【左】。
前回は手前側の苗からの収穫がメインでしたが、今回は奥側ばかりになりそうです。
上から見た菜園はこんな感じです【右】。
手前にトウモロコシが写り込んでいますが、これはお隣さんのトウモロコシで、前回の大雨の時に根元から傾いたものがこんなに立派な実をつけるまでになりました。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫
  菜園日記(2010.7.22=第71日目):ダイコンの収穫、ジャガイモの開花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

何の花でしょう

何の花でしょう
道端の花たちを求めて近所を散策していたら、こんな花に出会いました。
道端ではありますが、小さな果樹園のようです。
背丈よりやや高い木にいくつか咲いていました。
帰って調べたのですが、手掛かりがなかなか見つかりません。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
忘れかけていた頃、偶然見つけました。
たぶん、フトモモ科のフェイジョアです。
別名は、フィジョア、パイナップルグアバ、アナスガヤバなどがあるようです。
秋には実が収穫できるそうなので、また様子を見に行ってみようと思います。

それにしても、花の名前を調べるのは根気とちょっとした偶然が大事かもしれません。
まだまだ見たことのない花や、名前を知らない花がたくさんあります。
先日ニュースになったショクダイオオコンニャクの花なども、ニュースで報道されるまで知りませんでした(ちょっとヒートアップし過ぎのような感じではありましたが…)。
夏は道端の花も少なめですが、秋になるとまたいろんな花が咲くのだろうな、と思うと今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

季節はずれ

Ajisai
今日も午前中は曇りがちで、午後からも晴れたり曇ったり…。
風もそれなりに吹いているようなのですが、窓を開けっ放しにしているにもかかわらず、それほど涼しさを感じません。
湿度が高めだと余計に暑さを感じてしまうのでしょうが、実際のところはどうなのでしょう。
仕事中、横にある冷蔵庫の熱とPC自体の熱で、どうでもよくなってしまいます(笑)。
そこで(?)季節はずれになってしまいましたが、すっかり忘れていた紫陽花の花を!
前にも書きましたが、真ん中の数ミリの部分が花で、周辺の花びらと思っていたところは萼です。
シーズンの終わり頃に撮影したためか随分色褪せしている感じもしますが、これが紫陽花の開花です。

菜園はもうじき収穫できるものがあるので、毎日撮影はしていますし、水やりも日課になっていますが、菜園日記はひと休みです。
さ、仕事が急に立て込んできているので、とにかく何事も早め早めに済ませなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

天道虫

Nanahositentou
午前中は曇りがちだったのですが、午後からは真夏の空となり、お天道様も出ずっぱりでした。
そして、お天道様と言えば……。
先々週菜園のじゃがいもの葉っぱの上をニジュウヤホシテントウが歩いていましたが、買い物に行く途中、ナナホシテントウを見つけました。
7つの星の他に、小さな星もあるようなので、7+2になるのでしょうか。
ちょこまかと動き回り、このあと飛んでどこかへ行ってしまいました。
迷惑だったでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

またときどき猫

Mon1
今日も暑い一日でした。
広島時代のモンちゃんです。
埋もれてますが、ちゃんと首輪をしてます。
たぶん、もっとちゃんとした名前がついていると思いますが、猫歩きしてた頃は出会った猫それぞれに名前をつけてました。
一度きりの出会いもあれば、その後何度も出会う子もいます。
また、飼い猫や地域猫はすでに名前を持っていることが普通ですが、飼い主さんや世話人の方に出会えなければその名前を知らないままです。
それで、自分が名づけた名前で呼びかけることになる訳です。
だいたいは色や模様・柄などの特徴からベタな名前をつけますが、出会った場所にちなんだ名前をつけることもあります。
この子は、最初この立派なお宅の門の上で見かけたので、モンちゃんです。
撮影場所は、門につながった塀の上ですが…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

暑中お見舞い申し上げます

20100724_sora
朝7時48分の私の真上の空です。
昨日は「大暑」で、来週の7月26日(月)は土用の丑の日だそうです。
まだまだ暑い訳ですが、家の中よりも外の日陰のほうが涼しく感じることも多いです。
天気予報に傘マークが突然出ても、局地的なにわか雨だったりして、そろそろ雨が欲しいと願ってもなかなか我が家の辺りでは降らないですね。
かといって、降るとなると本当に局地的で何らかの被害が出そうなほど降ったりして、思うようにならないものです。
例年、全国ニュースで有名な早明浦ダムの貯水率も、現在のところ心配はないようです。
しかし、雨が降らない日が続くと、また話題に上ることになるのでしょうか。
我が家は水系が違うので困ることはないのですが、それでも同じ四国の中で起こることなので、やはり気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 72 オシロイバナ

道端の花たち 72

道端の花たち 72

道端の花たち 72

道端の花たち 72
オシロイバナ(白粉花)です。
名前の由来は、種を割ると白粉(オシロイ)のような白い粉が出てくることからきているようです。
別名は、ユウゲショウ(夕化粧)などがあります。
前に紹介したアカバナユウゲショウ(単にユウゲショウとも呼ばれる)とは別物です。
園芸用の帰化植物で、庭で咲いているものもありますが、あちこちで野生化しています。
日中ではなく夕方咲く花で、ハゼランの隣りに咲いていました。
花の色がいろいろあって、1つの株から複数の色の花が咲いていることも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

道端の花たち 71 ハゼラン

道端の花たち 71

道端の花たち 71
たぶん、ハゼラン(爆蘭)だと思います。
スベリヒユ科の花です。
熱帯アメリカ原産で、明治初期に渡来したとか。
別名は、サンジソウ(三時草)、サンジカ(三時花)、ハナビグサ(花火草)などがあります。
名前の由来は、(線香)花火が「爆(は)ぜる」姿をイメージしたところからついたとか。
私が草花を撮影するのはいつもは午前中で、午後になったとしても2時頃までには終えます。
ところが、この花は私が撮影する時間帯には上の画像のように蕾なのです。
別名にもあるように、午後3時くらいから咲き始め、2〜3時間ほどで花びらを閉じてしまいます。
夕方の6時前に撮影したのが下の画像ですが、花びらの直径が3mmという小ささの上、花びらが閉じ始めていた頃だったことから、やはりイマイチです。
コンデジの画像もイマイチなのですが、またいつか掲載します。

今日は「大暑」で、この地も暑い一日でした。
この辺りは猛暑日にはなりませんが、暑いことには変わりありません。
この暑さの中、我が家で使わせていただいている菜園の奥側の空き地の草抜きをしました。
汗だらっだらです。
子どもたちが、アスファルトの隙間から伸び出てきたコスモスの苗をこの空き地に2〜3本移植し、空き地全体の目立った草を抜いた(土を掘り返して草の根を切った?)ようです。
気づいたのは1週間くらい前で、他に何か植えているかも、と思い、雨上がりの草抜きしやすいタイミングがあったにもかかわらず、放置していました。
ま、別に私が草抜きしなくてもいいのですが…。
もう気分的に草抜きしないと……となり、今日いきなり決行した訳です。

【備忘録】
午後2時25分頃、地震がありました。
今朝の関東方面の地震に比べればたいしたことはなかったのですが(我が家の辺りは震度2)、震源地は隣町だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

収穫物2010 菜園編 その4

収穫物2010 菜園編 その4

収穫物2010 菜園編 その4
ピーマンキャベツに続いて、ダイコンの初収穫です。
切ってみると、中心が少し薄茶色になっているところがあります。
その部分を取り除き、細切りにして塩を振り、少し時間を置いてから軽く水に晒して絞り、かつお節を混ぜ、マヨネーズ和えにしました。
炒ったじゃこでも良かったし、シャキシャキのダイコンサラダも有りだったのですが、生でかじったところ辛みは強いもののあまりおいしいとは思えなかったので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園日記(2010.7.22=第71日目)

Saien20100722_1
梅雨明け後、不安定な天候が続いたかと思えば、海の日以降はとにかく太陽と青空ばかり見続けています。
青空というよりは水色の空なのですが、雨は降らないし、家の中も外もとにかく暑いです。
子ども達の夏休みは、昨日(7月21日)からだったようですが、早朝の涼しい時間帯に遊んでいるくらいで、9時頃にはもう暑くてみんな家の中で過ごしているようです。

Saien20100722_2 Saien20100722_3

Saien20100722_4 Saien20100722_5

Saien20100722_6 Saien20100722_7

1本目のダイコンの収穫を行いました。
5月20日の種蒔きから約2ヶ月です。
いつ収穫しようか迷っていましたが、たくさん植えているので、一番成長の早かった1箇所目の中程の1本を今日抜きました。
葉っぱを除いた長さは約30cm、重さは約730gで、一番太い部分の太さは円周約19.5cm(直径約6cm?)あります。
表面があまり美しくないのですが、いわゆるネキリムシやカブラハバチの幼虫とのいたちごっこの末に、やっと収穫の日を迎えることが出来て、何だかうれしいです。
ちなみに、カブラハバチの幼虫はまた出現していて、盛んに葉っぱを食べているようで、久々に数匹捕獲しました。
他のダイコンを見ると、2~3cmくらいの太さになっているものも何本かありますが、すでに朽ちている部分がのぞいていたり、まだまだ細くて地面に盛り上がってこないものもあります。

Saien20100722_8 Saien20100722_9

おいしい枝豆”は、まだ移植組が開花中ですが、先に植えていたものはすでにみな花を散らし、成長の早い苗は小さな実を付け始めています【左】。
紫斑病(?)の影響が実にも出るかどうかわかりませんが、ある時期から順調に成長しているので、楽しみに見守っています。
今回植えたジャガイモは開花しないままを地面に落としているだけかと思っていましたが、1本だけ開花していました【右】。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.7.19=第68日目):キャベツの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

収穫物2010 プランター編 その3

収穫物2010 プランター編 その3

収穫物2010 プランター編 その3
今日、初めてシシトウを収穫しました。
6月16日に苗を手に入れてから、1ヶ月あまり。
エアコンの室外機からの風に揺れていた時期もありましたが、場所移動をしたことで落ち着いて実を成長させることができたようです。
今日収穫した6個の実は、軽くあぶってかつお節をのせ、醤油をかけていただきました。
菜園のピーマンと同様、たった2本の苗から、たくさんの収穫が期待できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 70 エノコログサ

道端の花たち 70
エノコログサ(狗尾草)の仲間です。
いわゆる“猫じゃらし”と呼ばれる草です。
花穂が子犬の尻尾に似ていることから、この名前がついたとか。
英語ではエノコログサ属の植物を Foxtail grass と呼ぶそうです。
犬に猫に狐……う〜ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

道端の花たち 69 ヒルガオ

道端の花たち 69

道端の花たち 69

道端の花たち 69
たぶん、ヒルガオ(昼顔)だと思います。
コヒルガオ(小昼顔)とよく似ていて、見分けるのが難しいそうです。
花の咲く時期や大きさなどの違いがあるそうですが、個体差もあるし微妙なようです。
やはり葉っぱに違いがあるとのことで、一応撮影してきました。
たぶん、大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

収穫物2010 菜園編 その3

収穫物2010 菜園編 その3
今日収穫したキャベツは、千切りにしてトンカツの付け合わせにしました。
プランターのプチトマト(ミニトマト)も一緒です。
トンカツがやや揚がり過ぎのようですが、画像で見るほど揚がり過ぎている訳ではありません(笑)。

このキャベツは、何枚めくってもカビのような点があったり葉っぱの縁が食べられない状態だったりして、可食部はずいぶん少なくなってしまいました。
もう1回くらいは、千切りか焼きそばに入れていただけるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園日記(2010.7.19=第68日目)

Saien20100719_1
今日は、雨が降ったりやんだり降ったりやんだり降ったりやんだり……のとにかく不安定な大気の影響をモロに受けたようなお天気でした。

Saien20100719_2 Saien20100719_3

じゃがいもは、どんどん成長していて、もっとも背の高いものは約60cmになっています。
茎が折れるなどにより脇芽からの再スタートのものは、まだまだ背が低い状態ですが、それでも一応順調に成長しています。
蕾はどれも開花することなく、地面に落下しているようです【左】。
一昨日見かけたニジュウヤホシテントウは、今日は見かけませんでしたが、一部の葉っぱが先のほうから少し枯れています【右】。
何が関係しているのかよくわかりませんが、昨日のうちに木酢液のスプレーをしています(雨が降ってしまったので、あまり意味がないかもしれませんが)。
じゃがいもは、元肥が最も重要で、あまり追肥をしても芋の成長には役立たない、と書かれていましたが、元々元肥が充分とは言えなかったので、この機会に追肥を行いました。

Saien20100719_4 Saien20100719_5

Saien20100719_6 Saien20100719_7

いつ収穫しようかと思いながら様子を見てきたキャベツですが、広がった葉っぱも少しずつ朽ちてき始めてきたようだし、グーと比べてもあまり大きさに変化がなくなり、硬さはほどほどなので、今日収穫しました【左上】。
外側の葉っぱはカビのような黒い点や虫喰いのあとなどがあるので、ある程度めくっていくと約940gくらいでしょうか【右上】。
半分に切ったところを撮影したかったのですが、葉っぱの状態から、一枚ずつめくって食べないとよくないような感じだったので、丸のままで【左下】。
そろそろこんな色の空をずっと見ていられるようになるといいですけどね【右下】。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花
  菜園日記(2010.7.17=第66日目):ピーマンの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

道端の花たち 68 コマツナギ

道端の花たち 68
たぶん、コマツナギ(駒繋ぎ)だと思います。
見るからにマメ科ですね。
別名は、ナツハギ(夏萩)などがあるそうです。
馬を繋いでおいても抜けないくらい丈夫であることから、この名前がついたとのことですが、この花を紹介しているあちこちのサイトで、それほど丈夫な感じではないけれど…といったニュアンスの記載が見られます。
私も同様の感想なのですが、他に、馬がこの花や葉っぱを好んで食べるので、手綱を縛らずともいつまでも動かないで居てくれる、というような記載に行き当たりました。
なるほど!
ちなみに、コマツナギは草のように見えますが、小低木に分類されるとか。
確かに、茎というより枝といったごつさがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

収穫物2010 菜園編 その2

収穫物2010 菜園編 その2

収穫物2010 菜園編 その2
昨日、“京みどり”の2回目の収穫をしました。
初回の6月25日は2個でしたが、今回は7個です。
青椒肉絲にしましたが、タケノコの水煮とかがあればもっとおいしそうに見えたかも、とあとで思いました。
まあ、久々にピーマンをたっぷりいただきました。

本当は、菜園もプランターも1野菜1回(初回の収穫のみ)の掲載予定でしたが、たった2本の苗でこんなにたくさん収穫出来たので、つい思わず…。
ちなみに、プランターのサニーレタスプチトマト(ミニトマト)も、食べ頃になったところを見計らって何度か収穫し、いただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園日記(2010.7.17=第66日目)

Saien20100717_1
今日、この地域も梅雨明けした模様ですが、青空や太陽が見える時もあれば、にわか雨が何度も降るような不安定な一日でした。
昨日は実家のある市の局地的集中豪雨による被害(全国ニュースで繰り返し報道されました)の情報収集等で、収穫したピーマンのことを書き込むのを忘れていました。

Saien20100717_2 Saien20100717_3

一昨日、じゃがいもの葉っぱの虫喰いはあれども、まだニジュウヤホシテントウを見ていない、と書いていましたが、とうとう一匹目撃してしまいました。
歩き回るので慌てて撮影しましたが、真上からの撮影でないため、星が二十八個あるかどうかこれではわかりません【左】。
でも、害虫であることには変わりないので、その顔をしっかり拝ませてもらってからよそへ行っていただくことにしました【右】。
効果は期待していないけれど木酢液のスプレーをしておきたかったのですが、繰り返し降るにわか雨を見ていると、その気がそがれました。

Saien20100717_4 Saien20100717_5

6月25日に初めてこの菜園で収穫した“京みどり”が、さらに多くの実をつけ、収穫時期を迎えました。
それで、今回大きくなった7個を収穫しました【左】。
収穫量はトータルで約250gでした【右】。
一番小さいものは約30g、一番大きいものは約50gあり、平均すると1個約35gでした。
まだまだ小さい実もあるし、花も咲いています。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ
  菜園日記(2010.7.15=第64日目):枝豆の開花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け

20100717
本日、この地域も梅雨明けした模様です。
今朝突然降り出した にわか雨は、夏休みが始まったばかりの子どもたちを家の中へ一瞬にして撤退させました。
大騒ぎの瞬間でした。
そして、数十分後……こんな空です。
今も晴れたり曇ったりの繰り返しで、梅雨明けしたとはいえ、まだまだ不安定な大気の影響があるようです。

昨夜の全国ニュースで繰り返し報道された実家のある市の局地的集中豪雨による被害は、映像で見ると相当激しかったものと思われます。
まだ不明者の捜索も続いていますし、復旧も難航しそうな感じです。
暑さとの闘いの始まりでもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

全国ニュース

ニュースを見ていてびっくり。
実家のある市のあちこちで、川の氾濫や土石流などによる被害が出ているとか。
映像を見ても、どこなのか特定できず。
この市は平成の大合併でとても広くなり、地名や川の名前だけではどこのことだかわからないけれど、我が家の近くではなさそう。
う~ん。
実家にすぐさま電話をしたところ、夕方前あたりから大雨になり、雷もなったり、停電したり、と大荒れだったようですが、電話をした頃は小康状態と。
実家は大丈夫でしたが、市内には親戚や学生時代の友人・知人が今でもたくさん住んでいます。
地元の消防団の中には、招集や待機がかかっているところもある様子。
安心できる情報は、いつになったら入ってくるのか…待つしかないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け間近

梅雨明け
各地で大きな爪跡を残した今回の不安定な天候は、間もなく峠を越えるようです。
このあたりでは、それほど影響はなかったものの、やはり心配のタネは尽きませんでした。
未明の雨も夜明け前にはあがり、昼間はこんな水色の空までお目見えしました。
全国的には明日から晴れるような天気予報ですが、こちらはにわか雨が降るかも、と。
間もなく梅雨明けとなるのでしょう。
町内の小学校は、明日から夏休みみたいです。
は〜…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

菜園日記(2010.7.15=第64日目)

Saien20100715_1
前回の菜園日記から約1週間が経過しました。
この間、西日本を中心に梅雨前線の停滞に伴う天候の大荒れ状態が続き、各地で被害が多発しているようです。
今日も、まだまだ油断は出来ないようですが、こちらは小雨が降ったりやんだりの繰り返しで、昼間にはうっすら晴れ間も見えたりして、よくわからない状況です。
不安定な天候はもう少し続く模様で、落ち着いた頃(今週末か来週初め?)梅雨明けではないかと。
菜園も毎日様子を見に行っていますが、見に行くときに限って雨粒が落ちてくるし、これといってやるべき作業もないので、撮影だけで終わることもしばしばです。
今やりたいことは、我が家で使わせていただいている場所の奥(車の手前)の草抜きだったりします(笑)。

Saien20100715_2 Saien20100715_3

今日、“おいしい枝豆”の花が咲いていることに気づきました。
種蒔きは6月14日(移植組を除く)だったので、約1ヶ月です。
病気もあるため収穫はあまり期待していませんが、葉っぱはどんどん成長し、開花までこぎつけました。

Saien20100715_4 Saien20100715_5

じゃがいもは、葉っぱ全体で2~3枚のみ虫喰い跡がありますが、ざっと見た限りではアブラムシひとつついていないし、そろそろ出てきそうなニジュウヤホシテントウもまだ見ていません。
先日から蕾もちらほら見かけていますが、蕾のまま落ちているものもあるので、花はあまり楽しめないかな。

Saien20100715_6 Saien20100715_7

マクワウリは、相変わらずウリハムシに喰われていますが、被害が少なくなってきて、葉っぱの成長も勢いがあります【左が金太郎で、右が黄金】。
でも、雌花は咲けども、実が成長するのは期待薄です。

Saien20100715_8 Saien20100715_9

キャベツは、虫喰いや表面の葉っぱのカビっぽさが目立ちますが、グーと比べるとこんな感じです【左】。
一番成長の早い大根は、太さが5cmくらいになってきました【右】。
遅いものは、まだ太さ1cmにも満たなかったりします。
スが入る前には収穫したいのですが、どのくらいまで待っていればいいでしょうか。
毎日のように割り箸で捕っていたカブラハバチの幼虫ですが、だんだん数が減っていき、今日は1匹もいませんでした。
雨のせいなのか、いなくなる時期になったのか……わかりません。

Saien20100715_10 Saien20100715_11

“京みどり”は、さらに実を大きくしています【左】。
手前側の苗には5個、奥側の苗には2個の実が、梅雨明け後の収穫を控えています。
久々のニラはこんな感じ【右】。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策
  菜園日記(2010.7.8=第57日目):枝豆の土寄せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 67 オッタチカタバミ

道端の花たち 67
たぶん、オッタチカタバミ(おっ立ち片喰、おっ立ち傍食)だと思います。
名前の通りカタバミ(片喰、傍食)の仲間と思いきや、別種なんだそうです。
キランソウ(立ち上がったキランソウはこちら)ほど見事ではありませんが、てっきりカタバミが立ち上がろうとした姿を見て名付けられたのかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

たまにはミシン 3

たまにはミシン 3
前回ミシンを出したのは、エプロンの袖口を直したとき
3ヶ月振りくらいでしょうか。
一部しか撮影してない上に写りが悪いのですが、浴室の窓用のカーテンです。
元は目の細かい洗濯ネットでした。
我が家の浴室の窓はやや特殊で、網戸をつけることが出来ませんし、壁もユニットバスのため吸盤くらいしか使えそうにありません。
しかも、フレームがスチールならマグネットが使えるのですが、アルミです。
また、サイズも中途半端で、出来るだけ窓の大きさに合った何かを取り付けないと、換気は出来ても虫が自由に出入りしてしまうことになります。
いろいろ検討した結果、このカーテンか網戸用虫除けネットを両面テープ付きマジックテープで部分的に固定することに。
完全に窓を塞いでしまうと開閉出来なくなるので、工夫が必要なのです。
結局、このネットよりも網戸用虫除けネットのほうが通気性が高いため、両方ともミシンかけはしたのですが、洗濯ネットのほうは不採用。
(網戸用虫除けネットのミシンかけは、思っていたよりも簡単で、よい具合に出来上がりました…すでに使用中。)
……また別のことに使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 66 ヤブジラミ

道端の花たち 66

道端の花たち 66

道端の花たち 66
たぶん、ヤブジラミ(薮虱)だと思います。
いかにも、セリ科らしい花ですね。
オヤブジラミ(雄薮虱)とよく似ていて見分けるのが難しいとか。
花柄の長さや茎や実などの色の微妙な違いがあるそうです。
他にも、ヤブニンジン(薮人参)もよく似ているそうですが、ノラニンジンとは違うんですね(笑)。
花自体がとても小さいので、出来るだけ近づいて撮影しましたが、その可愛らしさがうまく表現出来ていません。
その代わりといっては何ですが、花が咲いたあとの実の撮影ができたので一緒に紹介しておきます。
ちなみに、名前の由来は、この実が衣服などにシラミのようにひっつくことから、とのこと。
やや残念な名前のように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

道端の花たち 65 ヤナギハナガサ、バーベナ

道端の花たち 65

道端の花たち 65
上は、ヤナギハナガサ(柳花笠)です。
別名は、サンジャクバーベナ(三尺バーベナ)などがあります。
南米原産の帰化植物だそうです。
下は、バーベナです。
別名は、ハナテマリ(花手毬)、ハナガサ(花傘)、シキザクラ(四季桜)、美女桜(ビジョザクラ)などがあります。
当初、この花の名前がわかりませんでした。
花だけだと、シバザクラ(芝桜)に見えたり、サクラソウ(桜草)に見えたり…。
でも、葉っぱが違うんです。
名前がわからないまま放置していたら、上のヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)を見つけ、このバーベナにたどり着きました。
バーベナは園芸用として広く知られているようですが、庭から溢れて自立したもののようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひといろ

Ajisai_0784
白ひといろです。
昨日の紫陽花とは同じ並びに咲いていたものの、他の色とりどりの花とは少し離れていたため、一緒に撮影することは叶いませんでした。
花びらのように見える部分は、実は萼なんだそうです。
その中の点のような部分が花なんだとか。
…知りませんでした。
しかも、紫陽花はユキノシタ科だとか。
ユキノシタ(雪の下)とは全然違いますね。
よく見ると少し青みがかっている部分もあるし、花も青っぽいところがあります。
さて、この紫陽花はこのあとどんな色に変化するのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

色とりどり

Ajisai_0789
今日は一日中雨が降ったりやんだりで、梅雨らしい天候でした。
今週末までこんな天候の繰り返しで、そのあと梅雨明けするのでは、とのこと。
この時期といえば、やはり紫陽花です。
もうピークは越えてしまったようにも思いますが、一度に色とりどりの花を撮影出来たので、記念に!
この並びに真っ白の花も咲いていたのですが、一緒に撮影することはできませんでした。
梅雨が明ければ、夏本番です。
今年の夏は暑くなるのでしょうか。
は~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 64 ノビル

道端の花たち 64
ノビル(野蒜)です。
ユリ科ネギ属の植物です。
むかごはたまに見ていたのですが、なかなか花が咲いているタイミングで見かけることがありませんでした。
1つしか花開いていないのですが、かえってかわいらしく見えませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

道端の花たち 63 ヒメツルソバ

道端の花たち 63
たぶん、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)だと思います。
ヒマラヤ原産なのだとか。
グランドカバーとして用いられることもあるようですね。
タデ科の植物で、既に紹介済みのママコノシリヌグイイヌタデなども同じタデ科で近い仲間のようです。
ツルソバ(蔓蕎麦)という植物もあるそうですが、こちらは白い花です。
また、ミゾソバ(溝蕎麦)という植物もあって、それらしい花がすぐ近所に咲いているようなのですが、撮影しづらい場所なので、また機会があれば撮影に挑戦してみます。

参院選の全体像が朧気ながら見えてきました。
また ねじれ状態 の様相を呈してきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 62 サルビア・ミクロフィラ、サルビア・ミクロフィラ‘ホット・リップス’、サルビア・コネクシア

道端の花たち 62

道端の花たち 62

道端の花たち 62
道端の花たちと呼ぶには少々無理があるかもしれませんが、元々庭にあったであろう花がいつしか庭から溢れ、全く庭ではないところで自立していました。
みんなサルビアの仲間です。
上からサルビア・ミクロフィラ、サルビア・ミクロフィラ‘ホット・リップス’、サルビア・コネクシアかな、と。

今日は、政権交代後初の国政選挙でした。
一日中雨降りとの天気予報だったので、投票所まで歩きで行かねばならないかも、と思っていましたが、目覚めた頃には雨はあがっていて、重たそうな曇り空を見上げながら自転車で投票に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

道端の花たち 61 トウバナ

道端の花たち 61
たぶん、トウバナ(塔花)です。
見るからにシソ科の花ですね。
とても小さな小さな花で、全体像しか写せませんでした。
花びらは、同じシソ科のキランソウカキドオシなどとよく似ているのですが、本当に小さ過ぎてわかりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ときどき猫

20100604_shiroro_2
最近、菜園やらプランターやらに手を取られ、長らく猫が出てきていませんでした。
6月5日の真っ白さん、再び登場です。
この季節は、車の下で雨やお日さまをよけてることが多いですね。
猫のにおいがする場所で車の下をのぞき込むと、こんな風に目が合うことも。
でも、周囲の目には怪しく映ることも多く、結構気も遣います(笑)。
撮影はしていないのですが、別の日に見かけた時、お腹が出産後のようでした。
以前飼い主さんが言っていたことが何となくわかったような…。
それにしても、この真っ白さん、たぶん3.5kgもないだろうな、というくらい小さくて華奢な子です。
実家のクロも3.5kgくらいの時期が長かったのですが、大きな声では言えませんが今はそうでもないようです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あずきキャラメル

あずきキャラメル
黒糖きなこの次はあずきです。
久々のキャラメルです。
キャラメルそのものの色が可愛らしいですね。
味は確かにあずき味ですが、私は普通のキャラメルが一番好きかも。
さて、次は何味が登場するんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

菜園日記(2010.7.8=第57日目)

Saien20100708_1
今日も比較的良い天候で洗濯日和でしたが、今週末からまた雨が降るようです。
この雨が上がれば梅雨明けではないか、と。
ということは、今日明日のうちに少し必要な手入れをしておかねば、と急に焦ってしまいました。

Saien20100708_2 Saien20100708_3

今しておいたほうがよいのは、“おいしい枝豆”の土寄せです。
今後、雨風が強くなると、20cmを越した苗が簡単に倒されるかもしれないからです。
あとから移植をしたものも、遅れをとりながらも20cm近くに成長しました。
土寄せをしたあとに、また元のように稲藁を敷いておきました。
紫斑病は今後の成長にも影響が出そうですが、とにかく見守るのみです。

Saien20100708_4 Saien20100708_5

“京みどり”は、一気にたくさんの実を成長させています【左】。
こうやってみると、苗から育てていることも関係しているかもしれませんが、一番手間いらずでたくさんの収穫が期待できるのがピーマンかもしれません。
梅雨明けにはいくつ収穫できるかな、と今から楽しみです。

また、以前ネキリムシに茎を喰われて無残な姿になったダイコンですが、見た目は全くわからないくらい成長しました【右】。
ダイコンは、種蒔きを2回行っているし、病虫害による成長差もかなり激しい上、既に一部の根が茎のつけねのあたりから腐りかけているものもあります。
カブラハバチの幼虫は、木酢液のスプレーでは完全に発生を抑えることはできず、現在は毎日のように割り箸で取り除くという地道な作業を繰り返しています。
いつまで続くんだろう…。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植
  菜園日記(2010.7.5=第54日目):カブラハバチ対策

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 60 ユキノシタ

道端の花たち 60
たぶん、ユキノシタ(雪の下)だと思います。
湿気の多い半日陰の場所を好むようで、先日紹介したトキワツユクサと一緒に咲いていました。
よく似た花として、同じユキノシタ科のダイモンジソウ(大文字草)がありますが、こちらは秋に花開くようなので、たぶん間違いないでしょう。
可愛らしい花ですが、なにぶん小さいため、その可愛らしさがきちんと写せなかったのが残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

道端の花たち 59 コナスビ

道端の花たち 59
たぶん、コナスビ(小茄子)だと思います。
田んぼの畦で見かけました。
この撮影の頃(6月上旬〜中旬)、似たような黄色い花ばかり目についていたのに、とても小さなこの花は見過ごすところでした。
直径が8mmくらいの花で、地を這うように伸びています。
サクラソウ科だそうです。
名前の由来は、花が終わったあとの実が小さな小さなナスに似ているところからだとか。
でも、田んぼの畦は草刈りを含め、数日後に行くと様子が変わっていて、どこにあったのかさえわからなくなってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

道端の花たち 58 ドクダミ

道端の花たち 58
ドクダミ(毒痛み?、毒矯み?)です。
別名は、ドクダメ(毒溜め)、ギョセイソウ(魚腥草)、ジゴクソバ(地獄蕎麦)などがあります。
十薬(じゅうやく、重薬とも書く)という生薬としても知られていますし、最近ではドクダミ茶やドクダミ化粧水などの手作り情報もあちこちで見かけますね。
小学生の頃、校庭の周辺にいっぱい生えていました。
臭いが独特で強く、いつまでも手に残るのが嫌で、校庭の草抜き当番が回ってこなければ良いのに、と思っていました。
でも、こうやってじっくり眺めてみると、花自体はとてもかわいらしく見えるのですが、いかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫物2010 プランター編 その2

収穫物2010 プランター編 その2

収穫物2010 プランター編 その2
プチトマト(ミニトマト)が少しずつ赤く色付き、そろそろ食べごろになってきたものも。
画像では色味が違って見えますが、上が収穫前のベランダ(晴れ)での撮影、下が収穫後の蛍光灯の下での撮影で、上に写っているものはほぼ収穫しました。
我が家のベランダに繋がれているのは、“千果”と“キャロルレッド”の2種です。
今夜は、シンプルにマヨネーズをつけていただきました。
多少酸味もあるかな、と覚悟して口に運んだところ、思いのほか甘味があっておいしかったですね。
小さい実だと多少皮が硬いものもありましたが、甘味はOKでした。
まだまだ青い実がいくつも実っているので、日々楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

菜園日記(2010.7.5=第54日目)

Saien20100705_1
前回の菜園日記から約1週間が経過しました。
天候がコロコロ変わりやすく、やっと今日は未明の雨もあがって何とか晴れ間が見え、蒸し蒸しするような熱さを感じる一日となりました。

Saien20100705_2 Saien20100705_3

Saien20100705_4 Saien20100705_5

一番成長の早いダイコンは、根が3cmくらいの太さになり【左上】、他のダイコンも徐々に大きくなっているようです。
しかし、新たな敵が出現!
カブラハバチ(蕪葉蜂)の幼虫です【右上】。
別名は、ナノクロムシ(菜の黒虫)、カブラバチ(蕪蜂)とか。
ダイコンの葉っぱをせっせせっせと食べ、緑色の糞を通り道やその下の葉っぱに残しています。
先日葉っぱの虫喰いに気づき、その都度取り除いてきました。
触るとくるんっと丸くなり、下に落ちてしまいます。
他の敵にやられそうになると、このようにして死んだふり(?)をするようです。
今日一日だけでも大小合わせて50匹以上は取り除いたと思います。
調べてみると、春と秋のみで夏は出現しない、とのこと。
これまではいわゆるネキリムシ対策に神経を使っていましたが、その被害が出なくなって安心しつつあったところ、夏本番の7月になってから出現している…。
……話が違います。夏は出現しないのでは?
それで、まだ梅雨時で雨が降る日も多いだろうけど、農薬は最後の手段にしたいので、木酢液の原液を100倍に薄め、スプレーしてみました。
効果の程は今後わかると思いますが、夏ダイコンを虫除けネットなど使用せずに作り始めた結果なのだと受け止めるしかありません。
ちなみに、ダイコンはカブラハバチの被害を受けつつも、こんなに成長しています【左下が2箇所目で、右下が1箇所目】。

Saien20100705_6 Saien20100705_7

Saien20100705_8 Saien20100705_9

Saien20100705_10 Saien20100705_11

その他の野菜たちの近況です。
じゃがいもは、茎が折れてわき芽の成長を待っているものもありますが、大きいものは高さ30cmくらいに成長しています【左上】。
おいしい枝豆”は、紫斑病で茶色くなっている箇所があったり本葉が開ききらないものもありますが、その後の成長は移植したものも含めて一応順調なようです【右上】。
キャベツは、熱さに負けてしまっていることもありますが、グーと比べるとこんな大きさになっています【左中】。
“京みどり”も、新たな実をどんどん成長させています【右中】。
マクワウリは、毎日どこかの葉っぱや花びらがウリハムシに喰われていますが、何とか新たな葉っぱを増やし、花も咲かせています。
金太郎”は、2個目の雌花が咲きましたが、1個目の雌花同様に受粉が今ひとつのようです【左下】。
黄金”も1個目の雌花のあとの実は大きくなる気配はないのでそのまま朽ちるかもしれませんが、子蔓を少しずつ伸ばしています【右下】。

これまでの様子はこちら↓
  菜園日記(2010.5.13=第1日目):耕す、元肥入れ、畝立て
  菜園日記(2010.5.20=第8日目):キャベツの植え付け、大根・ほうれん草の種蒔き
  菜園日記(2010.5.21=第9日目):支柱立て
  菜園日記(2010.5.22=第10日目):ピーマン・マクワウリ[金太郎]・ニラの植え付け
  菜園日記(2010.5.24=第12日目):大根・ほうれん草の発芽
  菜園日記(2010.5.28=第16日目):じゃがいもの植え付け
  菜園日記(2010.6.2=第21日目):マクワウリ[黄金]の植え付け、青虫・ウリハムシ対策
  菜園日記(2010.6.4=第23日目):大根の1回目の間引き、大根の種蒔き
  菜園日記(2010.6.6=第25日目):ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.8=第27日目):ネキリムシ対策、一部元肥入れ
  菜園日記(2010.6.10=第29日目):ネキリムシ対策、大根の2回目の間引き
  菜園日記(2010.6.14=第33日目):枝豆の種蒔き、大根の追肥・中耕
  菜園日記(2010.6.16=第35日目):じゃがいもの発芽
  菜園日記(2010.6.17=第36日目):大根の間引き、マクワウリの摘心
  菜園日記(2010.6.21=第40日目):マクワウリの囲い除去、ウリハムシ対策、枝豆の発芽
  菜園日記(2010.6.22=第41日目):マクワウリのネット囲い、ネキリムシ対策
  菜園日記(2010.6.25=第44日目):ウリハムシ対策、ピーマンの収穫
  菜園日記(2010.6.28=第47日目):じゃがいもの土寄せ・中耕・追肥、大根の間引き・中耕・追肥、マクワウリ[黄金・金太郎]の雌花開花
  菜園日記(2010.6.29=第48日目):枝豆の移植 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 57 トキワツユクサ

道端の花たち 57
トキワツユクサ(常磐露草)です。
別名は、ノハカタカラクサ(野博多唐草)などがあります。
南アメリカ原産の帰化植物だそうです。
ムラサキツユクサの仲間で、こんな白色の美しいツユクサも涼やかな感じがします。
でも、仲間と言えども、花の形はずいぶん違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

道端の花たち 56 ブタナ

道端の花たち 56

道端の花たち 56
たぶん、ブタナ(豚菜)だと思います。
花自体はタンポポにそっくりですが、タンポポと違ってひょろ長い茎が枝分かれした先に花が咲いています。
別名は、タンポポモドキなどがありますが、ある意味ベタな感じでもありますね。
ブタナという名前は、フランス語の俗名 Salade de pore(ブタのサラダ)を訳したものが由来となっているとか。
少し残念な名前の花が続いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 55 ハキダメギク

道端の花たち 55
たぶん、ハキダメギク(掃溜菊)だと思います。
とっても小さな白い花びらがついていて、画像ではわかりにくいですが、何だか可愛らしいです。
この名前をつけたのは、先に紹介した高知県出身の牧野富太郎博士だそうです。
博士が世田谷の掃き溜めで発見したことから、この名前をつけたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

道端の花たち 54 コセンダングサ

道端の花たち 54
たぶん、コセンダングサ(小栴檀草)だと思います。
キク科の花ですが、何だか貧相な印象です。
花占いをしたあとではなく、こんな花なんです。
よく見ると、とても小さな筒状の花が集まっているのですが、マクロ撮影でも限界でした。
他の花のような花びら(白色らしい)をつけているものあるそうですが、非常に稀なのだとか。
花が終わったあとの種子は、いわゆる ひっつき虫 となって洋服についてきます。
実家の猫たちもよく ひっつき虫 をつけて帰ってくることがありましたが、この花の種子も混じっていたのかもしれません。
あちこちで秋の花と紹介されていてることが多いのですが、夏〜秋となっていたり、真冬でも咲き残ったり春に咲いていることもある、と書かれていたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

迷子

迷子

迷子
1週間前の6月25日の夜に横倒しとなったプチトマトを植えているプランター。
翌々日だったか雨が上がったのを見計らって、各支柱をベランダにくくりつけました。
これで迷子の心配はひとまず不要です。
6月16日に紹介した様子と比べると、その成長ぶりは歴然です。
先週末のような梅雨時らしくない強風を伴った雨は、容赦がない!と言いたいところですが、画像にも収まりきらないほどの成長を放っておいた私が悪いんです。
少しずつ色づいてきた実を眺めながら、菜園やプランターの他の野菜たちに一喜一憂する日々はまだまだ続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 53 ツルニチニチソウ

道端の花たち 53
ツルニチニチソウ(蔓日日草)だと思います。
キョウチクトウ科とは意外でした。
別名は、ビンカやツルギキョウなどがあります。
似た花にヒメツルニチニチソウ(姫蔓日日草)がありますが、花や葉っぱのサイズや特徴から見分けることが出来ます。
地中海沿岸原産で、鑑賞用に栽培されたとか。
蔓でないニチニチソウ(日日草)は園芸植物で、花の色が赤紫や桃、白など色々ありますが、ツルニチニチソウは青紫色だけのようです。
実は、今年の1月31日に名前のわからない花として紹介していました。
我が家より南の地域で、偶然撮影していた模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

文月 7月

文月 7月
今日から7月です。
1年の半分が終わり、今日から後半戦です。
やっと待っていた連絡があり、午後からは菜園のことはそっちのけでPC前に張り付いていました。

【菜園、備忘録】
そっちのけとはいっても、天候が良かったので、夕方前には水やりが必要かどうか菜園に様子を見に行きました。
じゃがいもの茎が1本しおれていて、茎の根元を見ると半分色が変わっていました。
虫に喰われたのか、追肥した時に肥料が茎に直接触れたのか…。
原因はよくわかりませんが、わき芽は問題ないようなので、しおれた茎を取り除いておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »