« 菜園日記(2010.6.2=第21日目) | トップページ | ついでに »

2010年6月 3日 (木)

道端の花たち 32 オランダミミナグサ

道端の花たち 32
たぶんオランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)だと思います。
葉っぱの形がネズミの耳に似ているから名付けられたとどこかで読みましたが、実際のところどうなんでしょう。
下のほうに一応写っていますが、ネズミの耳ってあんなんでしたっけ?
ヨーロッパ原産の帰化植物で、春になるとあちこちで見かけます。
しかしながら、花びらが開いているところはあまり見かけませんね。
この時見た花びらが、今まで見た中で最も開いていた状態だったかもしれません。
よく似た花に在来種のミミナグサ(耳菜草)があるそうですが、茎の色や萼と花びらとの関係などいくつか区別しやすい特徴があるので、たぶん大丈夫でしょう。

|

« 菜園日記(2010.6.2=第21日目) | トップページ | ついでに »

」カテゴリの記事

道端の花たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道端の花たち 32 オランダミミナグサ:

« 菜園日記(2010.6.2=第21日目) | トップページ | ついでに »