« 道端の花たち[7]のおまけ ウシハコベ | トップページ | 道端の花たち 33 キジムシロ(?)、ミツバツチグリ(?)、イワキンバイ(?)、オヘビイチゴ »

2010年6月 6日 (日)

菜園日記(2010.6.6=第25日目)

Saien20100606_1
大根の茎が根元から切られる状態が続きました。
最初は原因がわからなかったのですが、いろいろ調べてやっとネキリムシの被害であることがわかりました。
それで、改めてネキリムシについて学習開始です。
ネキリムシは蛾の幼虫であり、夜行性のため昼間は土の中(表面から1~2cmくらいのところ)にいるので被害にあった茎の周辺で簡単に見つかる、とのことでした。
それで、昨日は昼間のうちに割り箸とビニール袋をもって菜園に行き、被害があった大根の周辺を中心にほじくったところ、出てくる出てくる、ネキリムシ11匹。
1箇所に複数いたりして、気持ちはとってもブルーです(ブルーすぎて撮影はしていません)。
とりあえずはみんな捕獲した訳ですが、全部見つけ出せたかどうかもわからないし、このままでは残った大根もいずれ全滅してしまうと思い、ネキリムシの対策について調べつつ、農薬についても調べ始めました。
それで、あるサイトにいきつき、ネキリムシは夜間に土の上を移動して茎のところへ行き茎をかじる、とのことで、苗をプラスチックフォルダで囲んでしまうことで被害がなくなった、という記事を読みました。

Saien20100606_2 20100606_4

短冊状に切った使い古しのクリアファイルで苗を囲い、土で中と外から押さえるようにしました。
これでダメなら次は乾燥させて細かく砕いた卵の殻を敷き詰める方法をとることにし、キッチンに卵の殻入れを備えました(笑)。
卵の殻もダメなら、今更マルチングも難しいし……農薬かな。
今日、様子を見に行ったところ、新たなネキリムシの被害は出ていないようでした。
とにかく成長すればこんなものは必要なくなるので、早く大きくなって欲しいものです。

これまでの様子はこちら↓
             菜園日記(2010.5.13=第1日目)
             菜園日記(2010.5.20=第8日目)
             菜園日記(2010.5.21=第9日目)
             菜園日記(2010.5.22=第10日目)
             菜園日記(2010.5.24=第12日目)
             菜園日記(2010.5.28=第16日目)
             菜園日記(2010.6.2=第21日目)
             菜園日記(2010.6.4=第23日目)

|

« 道端の花たち[7]のおまけ ウシハコベ | トップページ | 道端の花たち 33 キジムシロ(?)、ミツバツチグリ(?)、イワキンバイ(?)、オヘビイチゴ »

花・野菜作り」カテゴリの記事

菜園日記 [第1シーズン]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜園日記(2010.6.6=第25日目):

« 道端の花たち[7]のおまけ ウシハコベ | トップページ | 道端の花たち 33 キジムシロ(?)、ミツバツチグリ(?)、イワキンバイ(?)、オヘビイチゴ »