« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

開花す

開花す
開花す
いきおいで5月14日に買って植え付けたプチトマトは、18日経過してこんなになりました。
支柱を立ててやったからか少し背筋が伸びた感じですが、右端の雨戸の戸袋を見比べると、その成長具合がわかります。
花も咲き始め、斑点のあった病気っぽい葉っぱも広がる気配はなく、むしろ目立たなくなってきました。
様子を見たり手入れをしていると、手がトマト臭くなります(笑)。

備忘録
また小旅をしたくなるようなお知らせが昨夜ありました。
いや~、どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

道端の花たち 30 チチコグサ

道端の花たち 30
たぶんチチコグサ(父子草)です。
ハハコグサ(母子草)に対して付けられた名前だそうです。
ハハコグサより地味な感じがしますね。
チチコグサモドキなど近い草花がいくつかあるようです。
実は、プチトマトの苗を植える前のプランターにびっしり咲いていたのがこのチチコグサだった、と今頃気づきました。
ああ、撮影したはずの画像がない…また消去してしまった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

道端の花たち 29 ペラペラヨメナ

道端の花たち 29

道端の花たち 29
どちらもペラペラヨメナ(ぺらぺら嫁菜)だと思います。
同じところにこの2色の花が咲いていました。
白いほうは、花の部分だけ見るとヒメジョオンのようですね。
同じキク科ムカシヨモギ属の花ですから、似ているのも当然かも。
別名、ゲンペイコギク(源平小菊)、ムキュウギク(無休菊)、エリゲロンなどがあるようです。
原産地は諸説あるようですが、帰化植物だとか。
それにしても、色々な理由や由来があるとはいえ、何でそんな名前をつけられてしまったの?と言いたくなるような花が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

菜園日記(2010.5.28=第16日目)

Saien20100528_1
5月24日に大根やほうれん草の発芽を確認して以後、覆っていた稲藁を取り除きました。
まだまだ小さな芽なので、少しでも太陽の恵みを!と思ったのです。
少し大きくなって間引きをしたら、また稲藁を敷くつもりです。

Saien20100528_2 Saien20100528_3

大根は、蒔いた種の数だけ発芽していて、双葉が日々順調に大きくなっているようです。
本葉が出てきたら、様子を見て間引きをしなくては。
ほうれん草は、一応雑草と区別はつきますが、どうも今ひとつパッとしません。
もう少し大きくなったら、周辺の雑草を抜いてやろうと思いますが、それまで育つかどうか、といった感じです。
種蒔きの時、土をかけすぎたのかもしれないし、それ以前に種を一晩水に浸してから蒔いたほうが発芽しやすくて良かったのかもしれません。
とりあえず様子を見ることにしました。
今日気づいたのですが、ピーマンにかわいらしい花が咲いていました。

Saien20100528_4 Saien20100528_5

さて、今日はじゃがいもを植えました。
時期が遅かったからか種芋はどこにもおいてなかったので(あ、通販という手があったか…)、今回は普通にスーパーで買ったじゃがいもです。
見た目は男爵っぽいのですが、袋にお名前がなかったのでよくわかりません。
少し発芽するのを待とうと思っているうちに買ってから10日あまり経ってしまいましたが、小さな粒のようなものが出たかな?というところで我慢できなくなり(買い置きがなくなって、料理に使いたくなってしまったので…笑)、植えることにしました。
芽(というか、くぼみや小さな粒)の様子を見ながら半分くらいにカットし、切り口を天日で少し乾燥させました。
切り口に灰をつければ良いと小学校の時に習った記憶がありますが、乾燥させるだけでも良いとどこかに書いてあったので、半日乾燥させた芋を一番向こうの端の畝に植えました。
次回種芋を買うかどうかは今回の結果次第ですが、その前に芽が出てみないと話になりませんね。
頑張れ、スーパーのじゃがいも!
それよりも、最近、カラスがすぐそばの電柱やブロック塀の上から菜園の様子を見ているようです。
素人の野菜作りは、対策がいろいろと足りてないから笑われているんだろうか。
すでに、マクワウリの葉っぱは虫に食われた跡が…

これまでの様子はこちら↓
             菜園日記(2010.5.13=第1日目)
             菜園日記(2010.5.20=第8日目)
             菜園日記(2010.5.21=第9日目)
             菜園日記(2010.5.22=第10日目)
             菜園日記(2010.5.24=第12日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたたび

ふたたび
ふたたび
数年前、いちごの苗をプランターに植え、3年にわたり小さな実を何個か収穫しました。
けれど、昨年の収穫を最後に苗は完全に枯れてしまったようです。
それで、新たに苗を買い、ふたたびプランターで育てることに。
上が“四季なり”で、下が“女峰”ですが、これではどっちがどっちだかわかるはずないですね。
ちなみに、枯れてしまったいちごの苗が植えてあったプランターは、今、パセリでいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

道端の花たち 28 ムラサキカタバミ、イモカタバミ

道端の花たち 28

道端の花たち 28
たぶん上の画像がムラサキカタバミで、下の画像がイモカタバミだと思います。
どちらもカタバミの仲間です。
別々の日に別々の場所で撮影したものですが、同じ花だと思って片方を消去するところでした。
漢字を調べてみると、カタバミ=片喰=酢漿草=傍食などが出てきました。
今回紹介したものはみなカタバミ科カタバミ属なのですが、このカタバミ属のうち球根性(“たま こんじょう”ではなく“きゅうこん せい”と読んでください…笑)のものをオキザリスというらしく、花の種類も多くて園芸用としてもかなり有名らしいです。
オキザリスという名前は聞いたことはありますが、実際にどんな花か知らなかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

ピリピリ

ピリピリ
昨日から、ちょっとピリピリムードでPC前に座っています。
なんで?どうして?の連続でしたが、やっとひと山越えた感じです。
あとはリズムに乗るだけですが、あれこれ中断する材料が多くて、かえって疲れてしまいます。
充電が長すぎたのかもしれませんが、それにしても…。

って、これだけでは何のこっちゃ?という感じですね。
とりあえず、今夜は少し仕事をして先に進んでおかねば。
こんなクロを見ていたら、少しはピリピリが治まるだろうか。
PCはPCでもサブちゃんのほうに、もっと優しい顔をしたクロの画像があったんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

道端の花たち 27 ナガミヒナゲシ

道端の花たち 27
ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)だと思います。
地中海地方原産の帰化植物だそうです。
この花は、道端やちょっとしたアスファルトの隙間などでもよく見かけます。
生命力の強さを感じさせますね。
この日は風が強く、携帯でなかなかうまく撮影できず変な姿勢でねばっていたので、ちょっとあやしい人に見えたかもしれません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

菜園日記(2010.5.24=第12日目)

Saien201005241
昨夜の激しい風雨で、植え付けたばかりの野菜の苗はダメになるものもあるかも、と心配していました。
が、今朝様子を見に行ってみたところ、みんな見た目には大丈夫のようです。
キャベツは稲藁のおかげか土の跳ね上がりも最小限のようですし、ニラも案外力強く立っていますし、マクワウリに至っては植え付けた時より元気に上へ育っているようにも見えます。
ピーマンも支柱を立てて紐で結んでおいたので、きちんとまっすぐに立っています。
さらに、5月20日に種蒔きをした大根(献夏37号)とほうれん草は、稲藁の間から発芽しているのが確認できました。

Saien201005242 Saien201005243

左が大根で、右がほうれん草です。
まだまだ小石の残るこの菜園で、ほんの数日の間に野菜が少しずつ成長する姿を見て、もう少しちゃんと手入れをしてやらねば、と思いました。

これまでの様子はこちら↓
             菜園日記(2010.5.13=第1日目)
             菜園日記(2010.5.20=第8日目)
             菜園日記(2010.5.21=第9日目)
             菜園日記(2010.5.22=第10日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 26 ノアザミ、キツネアザミ

道端の花たち 26

道端の花たち 26
上の画像は、ノアザミ(野薊)です。
単に、アザミとも言われています。
普通に見つけられると思っていたのですが、意外に咲いていないのです。
その刺々しい葉っぱや萼ゆえ、早めに刈り取られてしまうことも多いのかもしれません。
よく似た花にノハラアザミがあるそうですが、こちらは秋に咲くということなので、ここ南国でもまだでしょう。

下の画像は、ノアザミと似ていますが、キツネアザミです。
ノアザミよりも前の時期から咲いているのを見かけていました。
群れて咲いていることもありますが、1本だけということもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

道端の花たち 25 マツバウンラン

道端の花たち 25

道端の花たち 25
マツバウンラン(松葉海蘭)です。
北アメリカ原産の帰化植物だとか。
あちこちに群れ咲いていて、細くひょろ長い茎がゆらゆらと風に揺れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

菜園日記(2010.5.22=第10日目)

Saien201005221
ただいま長い充電中につき、またまた菜園からです。
今日は隣の隣町の種苗専門店に行き、新たな苗を買ってきました。
ピーマン(京みどり)とマクワウリ(金太郎)とニラ(グリーンロード)の苗です。

Saien201005222 Saien201005223

Saien201005224 Saien201005225

天候を考え、本日のうちに植え付けることに。
帰宅してひと休みしているうちに小さな雨粒がぽつぽつと落ち始めたので、慌てて菜園に行って苗を植え付けました。
ニラの苗を植え付けたところ以外の部分には、少しずつですが稲藁を敷きました。
菜園の世話係をしてくださっている裏のお宅の実家から届いた稲藁で、先日私が菜園を耕している時に、「余っているのでどうぞ!」と言っていただいていたのでした。
裏のお宅は、実家のご両親の指導のもと、一足先に野菜作りを始められています(車の向こう側の菜園にて)。
稲藁を敷くことは乾燥と土の跳ね上がりの防止にもなるし、いかにも菜園っぽくなった気がするのですが、明日の天候は荒れ模様とのことで、稲藁がどれだけ残っているか…。
あ、そうか、稲藁の敷き方を考えたり、押さえる工夫をすれば良かったんだ、と今更気づきましたが、後の祭りです。
そういえば、ピーマンに支柱を立ててやるのも忘れてしまいました。
夜11時半、雨はまだ小降りながら、少し風が出てきた模様。
それで、傘をさし、懐中電灯を持って、取り急ぎ支柱を立てに行きました。
簡単に紐で結んだだけですが、稲藁もピーマンの苗もとりあえず明日の昼までは何とか持ちこたえてください。

これまでの様子はこちら↓
             菜園日記(2010.5.13=第1日目)
             菜園日記(2010.5.20=第8日目)
             菜園日記(2010.5.21=第9日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 24 シロツメクサ

道端の花たち 24

道端の花たち 24
シロツメクサです。
春の早いうちからあちこちで咲いていました。
せっかくなのでアカツメクサも撮影して一緒に掲載したかったのですが、まだこのあたりでは見かけていません。
ということで、ややわかりにくいですが四つ葉のクローバーをどうぞ。
これをご覧になった皆さまに幸運が訪れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

菜園日記(2010.5.21=第9日目)

Saien20100521
昨日、キャベツの苗の植え付けと大根・ほうれん草の種蒔きを行いましたが、今朝水やりに行ってみると、小さな靴跡をいくつか発見。
手前の畝の端に靴跡(約17cm?)があるのですが、見えるでしょうか。
この他に、キャベツの苗の左横あたりの土が白くなっている部分では、いくつかの靴跡があり畝も少し崩れていました(既に修復済み)。
種蒔きをしたところは特に何も変わった様子はないようでしたが、この集合住宅には小さな子どもが何人か住んでいて、毎日のように大はしゃぎで遊んでいます。
元気が良いのは結構なことなのですが、遊ぶ場所はきちんと考えて欲しいものです。
ただ、ここは建物の真横で、日常的には死角です。
普通に見かければ直接注意できるし、関心のある子どもなら観察してくれたっていいと思っていますが、現場を見ていないのに子どもはおろかその親御さんにお話するのも…ってことで、とりあえずは周囲に支柱を立てて紐で囲ってみることにしました。
種蒔きをしたところは、発芽するまでは何もないと思われても仕方ないですから。
子ども達の気持ちもわからない訳ではないんです。
今まで何も植えてなかったところがいつしか耕され、昨日まで何もなかった畑に小さな道ができ、その端っこに何かが植えてあるのに気づいた、となると、興味津々で近づいて見たくなる。
ちょっとつんつんしてみたくなる。
そして、明日にはもう見向きもしない……?

さて、どうなるでしょう。
発芽すればまた違ってくるかな、と思っていますし、もっと種でなく苗を植えるといいのかな、とも思ったり。
せっかくなので、昨日手を加えた箇所以外の奥側も畦を作り、苗などの準備が出来ればすぐに植え付けられるようにしておきました。

これまでの様子はこちら↓
             菜園日記(2010.5.13=第1日目)
             菜園日記(2010.5.20=第8日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なりゆき

なりゆき
今日、園芸用の支柱を探しに行った時、新しい苗が並んでいるのを見てしまいました。
その後、いろいろありまして、なりゆきでサニーレタスの苗を買って帰りました。
プチトマトと同様、菜園でなくプランターに植えることにしました。
そして、植え付け終了~。
手は泥だらけ。
放っておくときっとこんな感じに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

菜園日記(2010.5.20=第8日目)

Saien201005201
1週間前に耕して少しだけ肥料を入れた菜園に、本日、キャベツの苗の植え付けと大根・ほうれん草の種蒔きをしました。

Saien201005202 Saien201005203

Saien201005204 Saien201005205

左の赤っぽい種が大根で、右の茶色っぽい種がほうれん草です(左下画像)。
青いスペースには苦土石灰を少し混ぜてからほうれん草の種を蒔き、黄色いスペースには大根の種を蒔いています(右下画像)。
夏の収穫を目指しています。
初心者向きではないかもしれませんが、とにかく植えてみないことには何も始まりません。
一気にスペースいっぱいに植えても大変そうだし、時間差で同じものや違うものを植えるほうがいろいろな意味で良いかな、と思っています。
といろいろと思ってみるものの、3坪弱のスペースの上、苗はキャベツだけであとはみんな種のため今のところ見栄えはあまりパッとしないので、今後の展開を楽しみに待つことにします。
まずは、キャベツの苗の水やりと虫対策の準備、大根とほうれん草の発芽に向けての準備です。
今日は朝からの曇天で、植え付け直後に雨が降り出したので、とりあえずここまで。
苗と種に恵みの雨になりますように。

これまでの様子はこちら↓
             菜園日記(2010.5.13=第1日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

道端の花たち 23 ヒメジョオン

道端の花たち 23
ヒメジョオンです。
4月にハルジオン(ハルジョオン)を紹介した時に調べた見分け方が頭に残っていたので、今回は撮影前に確認しました。
たぶん大丈夫でしょう。
もしかしたら、4月にハルジオンと紹介した花は、ヒメジョオンだったかも、と今更ながら思っています。
改めて典型的なハルジオンを探してみようと思いますが、いつになるでしょう。
もうこの地ではハルジオンの時期は終わっているかも…ってことは来春?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

あの「平太展2010」

2010年5月15日(土)晴れ
かねてより5月15~17日まで広島への中旅を計画していましたが、この日のメインの予定は夕方から……あ、大阪に寄り道できそうじゃん、と気づいてしまい、当初の予定より2本早い特急での出発となりました(出発は龍馬やカツオで有名な地)。
寄り道の目的は、全国の平太ファンの皆さんが待ち望んでいた あの平太展2010
この日は主催者のばんさんはいらっしゃらないとのことでしたが、行けるのはこの日だけだったので、会期終了を翌日に控えた平太博覧会へいざ!!

ひなたへ行くのは実は今回が3回目で、乗換もスムーズでした。
私が伺ったのは12時半前後だったでしょうか。も少し前かな?
中はこんな感じ。

Heita1  Heita2

ゆる~い空気が流れているようで、作品を前にしたお客さんのほのぼのとした雰囲気がなんか心地よくて、さっそく私も作品の数々を眺めることに。
その時、声をかけて下さったのがうえきさいこさんで、今回いくつかの作品を出されています。
ひとまず皆さんの作品を眺め、手に取り、ぷふっと小さく笑い、あれとこれとそれと……。
とにかく、どの作品も平太さんへの愛が感じられ、やっぱすごいなあ、と感動しきりでした。
みんな欲しいものばかりで収拾がつかなくなりそうだったので、最初からお小遣いは○○円まで、と心に決め(修学旅行のお小遣いか)、絞りに絞ったチョイスとなりました。
本当は、み~んな連れて帰りたかったんです(涙)。

Heita3  Heita4

                                                       ※モデルさん、こんな感じで大丈夫ですか?

現在猫飼いでない私が、ごとーさんの猫首輪を購入しています。
実家のクロにと思って。
クロは野生味溢れる子で首輪なんて無理、とは思いましたし、バックルタイプでも短時間で残念な結果になって探しに行くことになることは必至なので、撮影を意識しての購入です(でも、状況が変わればずっと…ってことで、母に託す手もあるでしょうね)。
黒猫にモチ腹色って似合うと思うんです、女子だし。
次の帰省が今から待ち遠しいです。
時間帯のせいかお客さんはまばらで、その間、うえきさいこさんといろいろとお話させていただきました。
平太話や龍馬話などなど、本当に楽しかったです。
作品を出されている方と直接お話できるのって、なんか得した気分だったりします。
主催者であり平太さんの飼い主でもあるばんさんにはまだ一度もお目にかかったことがなく、噂のマシンガントークは未経験なので、楽しみはまたの機会に持ち越しです。
他にもいくつかの心残りがあります。
せっかくお客さんの少ない時間帯だったので、もっと気の利いたおもろい写真を撮れば良かった、とか、野中願児さんの平太ストラップを購入すればよかった、とか、お小遣いは△△△円にしとけばよかった…とかとか。
人間は大きめで性格もアレなんですが小心者の部類に入る(と思っている)ので、こちらにアップした画像が限界でした。
また、せっかく追加されたばかりのカゴいっぱいの平太さんも、表情がみんな微妙に違って見えるのを手に取り確認しつつ、他の多くの作品にも次々と目を奪われている間に、結局…ああ…。
新大阪駅に向かう地下鉄の淀屋橋あたりで、ひなたに引き返そうか逡巡しているうちに、ま、時間もギリだし仕方ないか、と気持ちを切り替えました。
心残りがあるくらいのほうがいいのかな、なんて都合よく考えたりしています(性格がアレなので)。
まさかの寄り道は、ゆるくて楽しくて素敵な時間でした。
早起きは三文の徳(この際、“得”でもいい気がする)……いや、三文どころじゃなかったです。
本当に本当にありがとうございました(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

夢の終わりに

夢の終わりに
夢の終わりに
楽しい寄り道も加わった今回の中旅の帰りは、これに乗りました。
土讃線を走るアンパンマン列車で、2009年10月にリニューアルしました。
グリーン(写っている部分は白ベースですが、横っ腹はグリーンです)のほかにオレンジもありますが、運行時間の関係で未だ乗っていません。
他にも、予讃線を走るアンパンマン列車11種類、高徳線・徳島線を走るアンパンマンカーがあります。

あ、このグリーンは前にも紹介していましたね。
今回はお尻も載せてみました(上りはこちらが先頭になりますが)。

明日には寄り道のレポができるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

猫歩き、ふたたび

Img_0033
まだ中旅の途中なのですが、以前猫歩きと称してコンデジを片手に歩き回っていたかつての住まいの周辺をふたたび歩いてみることにしました。
よくミケオトラテラコを見かけていた場所は必ずといっていいほど猫に出会えるポイントでしたが、気配すらありませんでした。
そして、バンが店番をしているお店では、気配はあるものの見当たらず。
あとは住宅街を回って帰ろうとシロクロニケニコと遊んだ公園の近くに行くと、猫が!
最初は静かに離れた場所を通り過ぎるだけで、むしろ警戒している感じだったのですが、こっちが低い姿勢になると…え?こっちに来るん?
触られるのは嫌みたいなので、とにかく話しかけながら撮影をすることに。
今、枕にしている縁石にご執心の様子でして、よだれまで出しながらデロデロ、クネクネしっぱなしで、顔が写ってるものはわずかです。
猫歩きしていた当時の猫はもうみんないないだろうとは思いますが、久々に歩いて良かったと思いました。
ただ、ヒールが高めの靴での猫歩きは無謀だったと今頃後悔しています…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

中旅

Img_0031
ただいまこんなところに来ています。
修学旅行と思われる集団もあちこちにいて、久々の地元(と言っても、実家は県北の田舎ですが)を実感しました。
こちらに来る前に、別の地にも寄り道してきたのですが、それはまた後日。
(この別の地に関するレポートをいくつかのブログで拝見し、みなさんのレポートに感動し、気後れしてしまっています…笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

道端の花たち 22 モモイロヒルザキツキミソウ

道端の花たち 22
モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲き月見草)という長い名前の花です。
単にヒルザキツキミソウともいうそうですが、本来は白色の花を咲かせるものをヒルザキツキミソウという、といったことがいくつかのサイトに書いてありました。
以前紹介したマツヨイグサの仲間で、月見草と名付けられていますが、昼間咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきおい

いきおい
菜園の土の準備が出来たので、この時期、町内でどんな苗を売っているか昨日のうちに下見に行ってきました。
数店廻ったのですが、種類も数も少なく、出遅れた感を抱きつつ…あるホームセンターで元気そうなプチトマトの苗を発見。
プチトマトは菜園よりベランダのプランターのほうが良さそうなので、いきおいで苗を買って帰りました。
そして、植え付け終了。
ふ〜。
さて、今後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

菜園日記(2010.5.13=第1日目)

Saien20100513
今日の午前中に、菜園を耕しました。
数日前にマロトモに「始めてみる?」と言われた気がしたので、昨日のうちに肥料とやや大きめの移植ごてを買ってきていたのです。
この週末は不在のため、天気のよいうちに耕して土を作っておこうと思い、今日の作業初日となりました。
管理人さんに比較的よい土を入れてもらったようだ、と聞いていましたが、移植ごてで耕している間にみみずも数匹出てきました。
ついでに、石ころも出てきたので、かなり取り除きました。
2坪にも満たないわずかなスペースですが、来週には何かの苗を植えたいと思っています(耕す前の全体のスペースはこちら)。
手前に植えてあるのは、隣りの隣りのお宅のとうもろこしの苗で、もっと手前にはナスの苗もあります。
まだ奥に手つかずのスペースがありますが、他に使いたいというお宅はないようなので、今のスペースで何か収穫できるものがあれば、手を広げたいと思いますが、どうなることでしょう。
あ、今日、すでに収穫物がありました…手のひらにマメ2つ。
最初のうちは軍手もせずに素手で移植ごてを使っていたため、農作業慣れしていない手のひらには早速マメが出来てしまいました。
さて、何を植えようかな。

追記(2010.5.14)
本日、測量したところ(笑)、3坪にはちょっと足りないくらいの広さを耕していました。
最初に耕した広さが約2坪で、画像の畝よりも一回り狭い状態でしたが、一旦作業を終了してから撮影後、ひといきついて思い直し、現在の広さまで拡張しました。
(しかし、な~んで昨日“2坪にも満たない”なんて書いたんでしょう?
って、大差ないですかね。
今日は全身ほんのり筋肉痛なんですが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち 21 イヌガラシ、スカシタゴボウ

道端の花たち 21

道端の花たち 21
上の画像は、イヌガラシ(犬芥子)です。
そして、下の画像がイヌガラシにとてもよく似ているスカシタゴボウ(透田牛蒡)です。
同じアブラナ科の植物で、葉っぱで区別できるとのことですが、個体によって区別しにくいものもあるようです。
それよりも、花が終わったあとの実の形のほうがわかりやすいとか。
一応、どちらにも実が小さく写っているのですが、その違いがわかりますか。

ちなみに、イヌガラシのバックに写り込んでいる建物が我が家です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

時が止まる

時が止まる
道端にある草花を求めて自転車でウロウロしていますが、小さな花を見落としたり、通り過ぎてから「あれ?花だったかな?」とバックすることがよくあります。
それで、気になる箇所では、時間の許す限り自転車をおりて押し歩きながらキョロキョロします。
そんな時、あるお宅の庭でこんな子を発見。
見過ごしそうな色合いの子です。
警戒心が強いようで、目が合ってしまったので固まっています。
自転車を止め、携帯を出す間、こちらは時々目をそらしているのですが、この子は微動だにしません。
まさに、時が止まったかのような瞬間でした。
低い姿勢になり最大のズームで1枚撮影したところで、くるりと向きをかえて見えなくなってしまいました。

さて、明日も晴れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

道端の花たち 20 ノゲシ

道端の花たち 20
タンポポの花に似ていますが、これはノゲシ(野芥子)です。
キク科の植物で、別名にはハルノノゲシ、ケシアザミなどがあります。
名前に“ケシ”がつきますが、ケシ(ケシ科)と葉っぱが似ているだけで、分類上は全く異なるとか。
よく似た花にオニノゲシがあります。
どちらも葉っぱに棘がありますが、このノゲシのほうは柔らかく触ってもあまり痛くありません。
オニノゲシは、より頑丈でとげとげしいようです。
他にも、葉っぱの光沢の有無(光沢のないのがノゲシとのこと)や葉っぱの付け根の違いなどもあるようです。
たぶん、オニノゲシもその辺で普通に見かけているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

道端の花たち 19 キツネノボタン

道端の花たち 19
キツネノボタンです。
名前の由来は、葉っぱが牡丹に似ているから、とのことです。
花の終わったあとの実は金平糖に似ていますが、私はこれが狐のボタン(釦)みたいだからこの名前がついたのだとずっと思っていました。

キツネノボタン以外にも、黄色い花を咲かせる道端の草花はたくさんあります。
花が小さいのと、花が咲いている瞬間の撮影しかしていないので、どれが何という名前の花なのかなかなか特定できないでいます。
またいつかまとめて紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち[18]のおまけ カスマグサ

昨日のおまけ
まわりの草花に紛れてわかりにくいのですが、昨日紹介した仲間のカスマグサではないかと思って撮影してきました。
雨が降り出してしまったので、まともに撮影できたのはこれ1枚です。
天気がよくなったらまた同じポイントに行ってみようと思いますが、カラスノエンドウともスズメノエンドウとも違うマメ科の仲間だとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

道端の花たち 18 カラスノエンドウ、スズメノエンドウ

道端の花たち 18

道端の花たち 18
上の画像がカラスノエンドウ、下の画像がスズメノエンドウだと思います。
どちらも花びらが開いているところを撮影したかったのですが、なぜかどこで見かけてもいつもこんな感じなんです。
スズメノエンドウは、カラスノエンドウより小型であることから、カラスに対してスズメと名付けられたとか。
また、これらの仲間にカスマグサがあり、カラスノエンドウとスズメノエンドウを足して2で割った感じだそうで、ラスとズメの間()からカスマと名付けられているとか。
それっぽい花を見た気もしますが、スズメノエンドウだと思い込んで撮影してないかもしれません。

追記(2010.5.10)
カラスノエンドウの画像を、花びらが開いているものに入れ替えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

野菜づくり、始めてみる?

Marotomo15_3
今住んでいる集合住宅の空き地の一角を管理人さんが整地され、今年の2月末に菜園が出来上がっていました。
先月か先々月にお世話をしてくださる方から声がかかり、もし空きスペースがあれば、と返事をしていたのですが、2箇所のうち1箇所の一部が空いているとのことで、改めて声をかけていただきました。
僅かなスペースですが、せっかくなので使わせていただくことにしました。
これまでの野菜作りの経験といえば、プランターでイチゴやネギ、パセリを育てたのと、ずっと以前の職場でプチトマトの水耕栽培をした経験がある程度で、あとは子どもの頃を中心に実家の畑仕事を子どものできるレベルで手伝ったことがあるくらいです。
すでにお隣のお隣さんはナスなどを植えたそうで、これから何を植えるか考えます。
ちなみに、菜園に水をやりやすいように、すぐ近くに水道も準備してくださっているとか。

画像はマロトモです。
マロ(私はシロチョと呼んでいましたが)と一緒にいる猫で、マロの友達だからマロトモと呼んでいました。
すっごくかわいらしい声の持ち主でした。
なんかマロトモに「始めてみる?」と言われている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち[17]のおまけ ムラサキサギゴケ

昨日のおまけ
たぶん、これはムラサキサギゴケだと思います。
昨日いろいろ調べたあとに、この画像に気づきました。
前に撮影した花と思い込み、一応1枚だけ撮影したものでした。
思い込んでいたのが、昨日のカキドオシだった訳ですが、花の形など似ているようで違っていますね。
で、今回迷ったのが、ムラサキサギゴケかトキワハゼかということです。
両者の見分け方もいくつかのサイトで読みましたが、私が撮影したこの1枚から特定するのはやはり難しい。
撮影した時の場所や状況も思い出し、たどり着いた結論はムラサキサギゴケです。
いかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

道端の花たち 17 カキドオシ

道端の花たち 17
カキドオシ(垣通)です。
連銭草(れんせんそう)という生薬で、癇の虫に効くとされることから、別名“カントリソウ”というそうです。
形が似ている花にムラサキサギゴケやトキワハゼがあるそうですが、それらはゴマノハグサ科であり、このカキドオシはシソ科に属すそうです。
またそれらの花も探しに行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち[16]のおまけ

昨日のおまけ
これがコマツヨイグサですかね。
昨日マツヨイグサの仲間でコマツヨイグサかな?と書いていた花とは少しイメージが違います。
う〜ん、昨日の黄色い花はメマツヨイグサかな?
ほかにも区別しにくいものとして、アレチマツヨイグサもあるとか。
ますますこんがらがってきましたので、やはり特定するのはやめます。
マツヨイグサの仲間ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

道端の花たち 16 メマツヨイグサ(?)、アカバナユウゲショウ

道端の花たち 16

道端の花たち 16
上の画像は、マツヨイグサ(待宵草)の仲間です。
コマツヨイグサかマツヨイグサかメマツヨイグサのいずれかだとは思うのですが、あちこちで画像や解説を見るにつれて、特定できなくなりました。
たまたまアスファルトと歩道のブロックとの僅かな隙間に1つだけ咲いているところを撮影したので、特定できる特徴を掴めないまま…。
でも、何となくコマツヨイグサかな、と思っています。
マツヨイグサは、別名“宵待草”ともいうそうですが、竹久夢二の書き間違いと言われているようです。
また、別名に“月見草”もあるそうですが、こちらは太宰治の小説に由来するものと言われていて、オオマツヨイグサのことを指すようです。
本来のツキミソウは同じマツヨイグサ属の花ですが、淡いピンク色ですので仲間ではありますが違う花のようですね。

そして、下の画像は、アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)です。
単にユウゲショウともいうそうです。
マツヨイグサ属の花で、湿気の多い肥沃な土地を好むそうで、田んぼのそばに群れて咲いていました。
まれに、白い花もあるそうです。
赤くないアカバナユウゲショウって?

追記
画像ではわかりにくいのですが、上のマツヨイグサの花の直径は約3~4cm、下のアカバナユウゲショウの花の直径は約2cmで、よく似た花ではあるのですが、イメージが違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

端午の節句

端午の節句
スーパーで柏餅を買ってきました。
昔、この時期には家で柏餅を作っていました(作るのは母です)。
ただし、我が実家のあたりでは柏の葉っぱではなく、サルトリイバラの葉っぱを使います(葉っぱを取りに行くのは私です)。
どうやら西日本では、サルトリイバラを使う地域が多いそうです。
ちなみに、このあたりをはじめ四国の多くの地域では、サルトリイバラの葉っぱのことを“芝”といい、この葉っぱで包んだ餅を“芝餅”というそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端の花たち[15]のおまけ ニワゼキショウ

昨日のおまけ
昨日のニワゼキショウの色違いです。
ここは、以前カタバミハハコグサ(ゴギョウ)などを撮影したポイントのすぐそばです。
今まで咲いていた花が少しずつ入れ替わっています。
それまでの花を残しつつ、新たな花が群れ咲き始めていて、このニワゼキショウもここ数日の暖かさ(暑さ)で一気に開花した模様です。
アイスクリームを買った帰りであることを忘れて、道端の花たちに夢中になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

道端の花たち 15 ニワゼキショウ

道端の花たち 15
たぶん、ニワゼキショウだと思います。
背丈10cmあるかないかの小さな草花で、花自体も直径1〜1.5cm位です。
アヤメ科で、別名“ナンキンアヤメ”といい、日当たりのよいところを好み、芝や背の低い草地に生えるとか。
花の色は、これ以外に白地に濃紫などいくつかあるようですが、みな中心部は黄色だそうです。
実も可愛らしいとのことなので、また見に行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

疲れました

疲れました
疲れました
慌ただしい小旅で、今日の昼前には帰り着いて片付けも済ませました。
初めてこの地を訪れたのは学生の頃ですが、1997年からはほぼ毎年のようにこの時期に行っています。

UVカット効果のある下地を使っていましたし、紫外線の浴びるような時間帯の外歩きはトータル40分位だったので大丈夫だと思っていたのですが、頬のあたりが少し赤くなってしまいました。
きちんと手入れをして寝なければ…。
それよりも足はダルダルで、筋肉痛が心配です。
とりあえず、むらすずめを食べて寝ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

小旅

小旅
小旅
こんなところに来ています。
明日の昼前には家に帰ります。
それほど歩いた訳ではないのですが、足の裏が痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

皐月 5月

皐月 5月
今日から5月です。
世間はGWで、国道を中心に県外ナンバーの車がたくさん走っていました。
私は、明日小旅に出掛けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »